最新医学が明かす「入浴の7大健康効果」と家族の健康を脅かす「NG入浴習慣」とは

最新医学が明かす「入浴の7大健康効果」と家族の健康を脅かす「NG入浴習慣」とは

ライフスタイル

目次[非表示]

  1. 知らなきゃもったいない!最新医学が明かす入浴7大健康効果
    1. ①【温熱作用】体を温めて血流アップ
    2. ②【静水圧作用】しめつけて「むくみ」を解消
    3. ③【浮力作用】筋肉や関節をゆるめて緊張をとる
    4. ④【清浄作用】体の汚れを洗い流す
    5. ⑤【蒸気・香り作用】免疫力を高め、自律神経を整える
    6. ⑥【粘性・抵抗性作用】手軽な運動療法効果
    7. ⑦【開放・密室作用】日常から開放されるリラックス効果
  2. 浴室熱中症とヒートショックに要注意!その対策は?
  3. 意外と知らない!間違いだらけの入浴法
    1. ■「42℃を超えるお湯」は危険
    2. ■「長風呂」は危険
    3. ■ダイエットのために“お風呂で汗をかく”は意味がない
    4. ■「半身浴」は意味がない!全身浴で「むくみ」解消
    5. ■「一番風呂」は肌によくない
1日を通して冷え込む日が続き、本格的な冬の季節もいよいよもうすぐ。

こんな季節は熱いお風呂で体の芯まで温まるに限りますが、実はお風呂の湯の浸かり方によって健康が大きく左右され、場合によっては健康を脅かすリスクとなることをご存じですか?

そこで今回は、東京都市大学人間科学部教授で温泉療法専門医でもある早坂信哉先生による、最新医学に基づく入浴7大健康効果と、健康リスクを招く入浴をご紹介いたします。

知らなきゃもったいない!最新医学が明かす入浴7大健康効果

日本人にとって身近なお風呂。実は、そのお風呂の湯に浸かることによる健康作用は医学的にも明らかにされています。

①【温熱作用】体を温めて血流アップ

肢体を温めて血流がアップすることで新陳代謝が活性化し、疲れがとれます(シャワーだけでは効果が減少)。関節を柔らかくし、神経の過敏性を抑えて慢性の痛みも和らげてくれます。

②【静水圧作用】しめつけて「むくみ」を解消

お湯の水圧によって全身がマッサージされたような状態になり、むくみを解消。また、水圧で締めつけることによって血流の流れがよくなり「温熱作用」と同様、血液の流れが良くなります。

③【浮力作用】筋肉や関節をゆるめて緊張をとる

水中では体重が10分の1程度に。水中にいる間だけが重力から解放され、関節や筋肉への緊張がゆるむことでリラックス状態になります。

④【清浄作用】体の汚れを洗い流す

温かいお湯に浸かることで毛穴が開き、汚れや皮脂を流れ出させる効果もあります。シャワーだけでは洗浄効果は低いです。

⑤【蒸気・香り作用】免疫力を高め、自律神経を整える

蒸気で鼻やのどに湿り気を与えることで免疫力の低下を阻止。好きな香りのアロマオイルなどを垂らせば浴室内に香りが充満し、自律神経の調整にも役立ちます。

⑥【粘性・抵抗性作用】手軽な運動療法効果

水中のゆっくりとした運動やストレッチなどによって筋肉に刺激を与えることができます。

⑦【開放・密室作用】日常から開放されるリラックス効果

一人でお風呂に浸かる時間は、心と体が開放的になる究極のリラックス空間。ストレス解消効果が期待できます。

浴室熱中症とヒートショックに要注意!その対策は?

(画像出典:赤穂化成株式会社)

一方、入浴時のリスクとして心筋梗塞や脳梗塞、浴室熱中症、ヒートショックがあります。

心筋梗塞や脳梗塞は、体内の水分が不足しているため血液がドロドロになり、血栓ができるために引き起こされます。また、浴室熱中症は入浴で上昇した体内の熱を放出できないことが原因です。特に高血圧の方は、急激な温度変化によって血圧が大きく変動することで起こりますので入浴時には注意が必要です。

もし、水分を十分に摂取しない“かくれ脱水”状態のままお風呂に浸かると、「浴室熱中症」を引き起こすリスクがあります。体内の水分が不足しているため血液がドロドロになり、入浴で上昇した体内の熱を放出できないためです。

冬の入浴事故には他にも、浴室と浴室外での気温差が大きく急激な温度変化によって血圧が大きく変動することで起こる「ヒートショック」があります。

「浴室熱中症」と、「ヒートショック」は最悪の場合死に至る危険性を含むため、冬場の入浴には注意が必要となります。この浴室熱中症とヒートショックにより交通事故死の約3倍にあたる1万9000人の方が年間亡くなっています。
これらの有効な対策となるのは、日常生活におけるこまめな水分・ミネラル補給です。

ミネラル入りのむぎ茶は水分とミネラルを手軽に補給できるのはもちろん、無糖でカロリーもなくカフェインを含まないため誰でも毎日健康的に飲むことができ、入浴前後の水分補給に推奨できます。さらに、血流改善効果や血圧低下作用などの効果も研究で報告されているので、入浴前後やヒートショックに注意が必要な高血圧の方は習慣的に飲用すると良いでしょう。

意外と知らない!間違いだらけの入浴法

先ほど挙げた「入浴の7大健康効果」を得るには、正しい入浴法を行う必要があります。誤解されがちな間違った入浴法をご紹介しますので、普段の入浴習慣と照らし合わせてみてください。

■「42℃を超えるお湯」は危険

42℃を超えるお湯に浸かると交感神経の働きが活発になり、興奮状態となることで血圧が上昇。また、血液の粘度が上がるため、血栓ができやすくなるなどヒートショックを起こしてしまう危険性も。

お風呂のお湯として適温なのは40℃程度。ぬるめの温度は副交感神経が刺激され、血圧が下がり、心身ともにリラックスさせる効果があります。

■「長風呂」は危険

適温である40℃の温度であっても、10分を超える入浴は体温が上がりすぎ、冬でも浴室熱中症になる危険があります。

■ダイエットのために“お風呂で汗をかく”は意味がない

熱いお風呂に浸かって汗をだらだらと流すと、かなりのダイエット効果があるように思うかもしれません。しかし、運動のときは自分の脂肪を燃焼させて体を動かし、結果として体温が上がり汗をかくのに対し、お風呂の場合、脂肪を燃焼させているわけではなく、お湯から熱を受け取って体温が上がり汗をかきます。

運動とは汗の出る仕組みが違うので、お風呂で汗をかいてもダイエット効果はあまりありません。

■「半身浴」は意味がない!全身浴で「むくみ」解消

半身浴よりも全身浴の方が体が温まって血流が良くなるので、冷えの改善に効果的。また、お湯の量が多く深ければ、その分水圧が強くなることから、全身浴は下半身により大きい水圧がかかるため、足のむくみの解消などにも大きな効果があります。肩こりなどの痛みにも、半身浴より全身浴のほうが効果的という研究結果もあります。
※心臓や肺に疾患がある方には、水圧がかからず体温が上がりすぎない半身浴がオススメとなります

■「一番風呂」は肌によくない

日本の水道水はミネラルが少なく薄い「軟水」のため、特に一番風呂はミネラル分が少なく薄いのです。また、水道水には基準で決められた一定の塩素が含まれています。

他方、人間の体には細胞や血液といった体液中に、たんぱく質や様々なミネラル分などの成分が含まれています。その割合は日本の水道水と比べるとずっと濃くなっているのです。体の内側と、お風呂のお湯のミネラルの濃度の違いや、含まれる塩素が、皮膚にぴりぴり感や違和感といった刺激をもたらすと考えられています。その解決策として、入浴剤やレモン果汁をお風呂に入れることが挙げられます。

▼あわせて読みたい
最新医学に基づく「入浴の7大健康効果」と、その効果を得るために知っておきたい「正しいお風呂の入り方」をご紹介しました。せっかく健康やリラックスのためにお風呂に入っても、それが体に負担をかけてしまっては意味がありません。寒い冬を家族みんなが元気に乗り切るためにも、正しい方法で入浴することによって健康効果を十分に活かしてください。

【専門家】
早坂 信哉 先生
東京都市大学人間科学部教授、医師、博士(医学)、温泉療法専門医。お風呂を医学的に研究している第一人者。「世界一受けたい授業」「ホンマでっか!?TV」など多数のメディアに出演。主な著書は『たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法』(KADOKAWA)、『入浴検定 公式テキスト お風呂の「正しい入り方」』(日本入浴協会)など。