プレパパに伝えたい「子どもが生まれる前にやっておきたいこと」パパたちの本音を探る家men「パパ友」座談会 vol.2

プレパパに伝えたい「子どもが生まれる前にやっておきたいこと」パパたちの本音を探る家men「パパ友」座談会 vol.2

ライフスタイル

目次[非表示]

  1. プレパパ・プレママ教室には参加するべし
  2. 育児の知識レベルは夫婦で揃える、親の言うことは話半分で聞く
  3. 料理はできるようにしておこう
  4. 妻との役割分担は“柔軟に”がちょうどいい
  5. 子どもが生まれる前に夫婦2人でやっておくべきこと
  6. 人生やキャリアのプランを考えておこう
待望の赤ちゃんをようやく授かったプレパパにとって、出産日を迎えるのが楽しみで仕方がない一方、「子どもが生まれる前に何をしておくべきか」という焦りや不安も漠然と抱えているのではないでしょうか。

そこで今回は、家menの読者コミュニティ「パパ友」のメンバーによる座談会の中から、先輩パパたちが挙げた「子どもが生まれる前に準備しておくこと」や「やっておくと後悔しないこと」をご紹介します。
<参加メンバー>
ピンクパパ(40歳)
8歳と5歳の男の子を育てるパパ。2度の育休を取得し、今も家庭ファーストの働き方を実践。

めがねパパ(37歳)
小学2年生と年中のお子さんを育てるパパ。平日は専業主婦の奥様に任せている家事育児を土日に奮闘中。

エマパパ(35歳)
1歳の女の子を育てる新婚パパ。平日の帰りが遅くなるぶん、奥様が働きに出る土日は家事育児に全力投球。

こメッシパパ(31歳)
年上の奥様と約5年前に結婚し、中学3年生の男の子と3歳の女の子を育てるパパ。異性である娘との関係を良好にすべく、積極的な育児参画を実践中。
▼「パパ友」座談会 vol.1はこちら

プレパパ・プレママ教室には参加するべし

こメッシパパ「娘の出産前にプレパパ・プレママ教室に出席し、『ここを押さえておけば大丈夫』という子育ての知識を教わったことはすごく助かりました。何も経験しないよりも『そういえば教室であんなことを言ってたな』ぐらいでも知識を覚えておいた方が、赤ちゃんのおむつ替えや沐浴を実践する時に絶対役立ちます」

エマパパ「私も自治体の教室でひと通りの知識を教わり、なかでも妻へのマッサージ方法は育児による疲労解消や夫婦のコミュニケーションに役立ちました。また、里帰り出産の入院先に私も1週間泊まり込んで、保育士さんたちに教わりながら妻と一緒に赤ちゃんのお世話に慣れていきました。子育ては実際にやらないと分からないこともあるので、産後に病院へ泊まり込むのもオススメですよ」

めがねパパ「ウチは一人目の子どもが未熟児で生まれたため1カ月以上入院しましたが、結果的に一度もプレパパ・プレママ教室に参加しませんでした。ミルク作りなどは実際にこなすうちに覚えていけましたが、夜中の対応などによる睡眠不足は辛かった…。育児のノウハウだけでなく、そうした『子育ては楽しいことばかりではない』という厳しい現実も知っておいた方がいいでしょうね」

ピンクパパ「確かに私も、退院した赤ちゃんの夜中のお世話を妻と一緒に始めたところ、起きるのが大変すぎて3日で自分の具合が悪くなってしまいました。プレパパ向けの子育て記事って楽しい内容が多い印象でしたが、厳しい現実もちゃんと伝わるといいなと思います」

こメッシパパ「そうした情報は、子育ての現実を体験している先輩パパから聞いておくことが大切でしょうね」

エマパパ「産後の女性はメンタル面で相当参ってしまうので、妻が里帰り出産で離れている間も電話でいろいろ話をするよう努めました。そうした妻のメンタルケアが必要なことも知っておいた方がいいと思います」

育児の知識レベルは夫婦で揃える、親の言うことは話半分で聞く

めがねパパ「ウチの妻は産前から育児書で入念に知識を得ていたのですが、私がそれらを読まずに育児書と異なる対応をすると、知識のレベル差によるイライラがお互いに生まれてしまいました。育児にまつわる夫婦の知識レベルは近づけておいた方がいいと思います」

エマパパ「育児書じゃないけど、妻から『読んでおいて!』と子育てにまつわる記事のURLがたくさん送られてきました(笑)」

こメッシパパ「ウチは妻の妹夫婦から図鑑みたいなぶ厚い育児書を贈られてきて、さすがに全部は無理だったけど大事な箇所は部分的に読みました。あと、育児の価値観を揃えるためには、子どもと関わる時間の長い妻の話を聞いたり情報を共有する姿勢が大事。もしLINEで届いたメッセージをスルーしていたら『やる気ないな』と思われますよ(笑)」

ピンクパパ「育児の知識を親がいろいろ教えてくれることがありますが、親世代は今の育児の常識を知らない場合も多く、的外れなことを言う時もありますよね。本当に必要な情報は新しいものを自分から収集し、親の意見は話半分にとどめておいた方がいいと思います」

エマパパ「確かにそうですね。ウチの妻も、自分が読んだ育児書の内容と親のアドバイスが違うことからケンカになり、メンタル面に負担が掛かりましたから」

料理はできるようにしておこう

ピンクパパ「独身の頃から一人暮らしで料理をしていたけど、作れるのはチャーハンや肉料理みたいな、妻の口には合わない“ザ・男料理”ばっかり。育休中に出会った料理の師匠から基礎を学び、ぶり大根などの家庭料理を作れるようになりました」

めがねパパ「私も一人暮らしを経験して掃除洗濯などはできるようになったけど、料理は全然ダメ。休日に妻が料理を作ってほしい時に役に立てない不利を痛感していて、今でも料理ができるようになりたいと思っています」

こメッシパパ「掃除や洗濯みたいにゴールと道筋が決まっている家事と違って、料理は『何を作るか』というアイデアから考えないといけない。しかも、みんなが食べてくれるものを子ども目線で考える必要があるから大変。だからパパも料理はできるようにした方がいいでしょうね」

エマパパ「ウチでは妻がご飯をゆでて、私がひたすらスプーンで潰すという役割分担で離乳食を作っていました。赤ちゃんの離乳食作りができると、けっこうママは助かるんじゃないでしょうか」

妻との役割分担は“柔軟に”がちょうどいい

ピンクパパ「最近は家事シェアが当たり前と考えている夫婦が増えている気がします。事前にしっかり役割分担を決めるという意識が高まっているんでしょうかね」

エマパパ「ウチの場合は、妊娠中の妻には大変そうな風呂掃除や食器洗いを私が担当するようになり、その流れで自然と役割分担のようなものが生まれました」

こメッシパパ「ウチも役割を厳密に分担していません。『これはやってくれるよね』という自然な了解で割り振っていて、なかでも私は料理の後片づけなど“リセットする家事”を率先しています。ガチガチに家事の役割を決めてしまうと、どうしても家事ができない時にも『やってないよね』と責められてケンカになると思うんですよね」

めがねパパ「私は料理ができないぶん、家じゅうに掃除機を掛けたり子どもの上履きを洗ったりしています。その一方、キッチン回りや風呂の細かいパーツの掃除など、妻のこだわりが強い家事は基本的にノータッチ。そうした“侵せない領域”は結婚生活を通じてすり合わせていくもので、事前に話し合って決められるものではないと思います。子どもが生まれる前だと、実際にどのように自分が家事育児に関われるか分かりづらいですからね」

子どもが生まれる前に夫婦2人でやっておくべきこと

ピンクパパ「子どもができると、レストランでゆっくり食べることも難しくなるので、生まれる前に夫婦二人の外食も楽しんでおくといいですよ」

めがねパパ「とはいえ、子どもが生まれる前にできることや行けるところも限度がありますよね。逆に、子どもが生まれたら、いかにその環境で楽しむかと気持ちを切り替えた方がいいと思います」

エマパパ「最近はフレンチやイタリアンのレストランでも禁煙・子連れOKな店が増えているので、子どもができてからも楽しめることはたくさんあるし、焦らなくてもいいんじゃないかな。ただ、海外旅行は子どもが小さいうちは厳しいので、出産前にもっと行っておけばよかったなと後悔してます」

人生やキャリアのプランを考えておこう

こメッシパパ「子どもが生まれた当時、いわゆるブラック企業に勤めていて、この会社で仕事と育児を両立していくのは無理だ!とキッパリあきらめ転職しました。幸い、今の会社は子育てに理解があり、安心してキャリアプランを立てながら子育てにも集中できています」

めがねパパ「子どもが生まれて大きくなると、いくらライフシフトしたいと思っても転職しづらいですからね」

ピンクパパ「確かにキャリアプランは早いうちに立てておくことが大事。できれば自分の頭の中だけでなく、家庭を一緒に営んでいく妻と考えを共有しておいた方がいいと思います」
▼「パパ友」座談会 vol.1はこちら
先輩パパたちが挙げた「子どもが生まれる前に準備しておくこと」や「やっておくと後悔しないこと」は、いずれも実体験に基づいているだけあって説得力がありましたね。より充実した子育てライフに活かせるよう、参考にしてはいかがでしょうか。

もっと先輩パパたちに相談したりアドバイスを聞きたい!という方は、家menの読者コミュニティ「パパ友」にぜひご参加ください。

■「パパ友」募集の詳細はこちら