手軽な花粉対策スプレー「アレルブロック」の効果と特徴は? 1日1回使用して辛い花粉シーズンを乗り切ろう!

手軽な花粉対策スプレー「アレルブロック」の効果と特徴は? 1日1回使用して辛い花粉シーズンを乗り切ろう!

ライフスタイル

目次[非表示]

  1. 犯人は静電気!実は花粉は“自ら寄せ付けていた”
  2. スプレーするだけで静電気を帯びにくい=花粉を寄せ付けない身体に!
  3. こんな人にオススメ!性別や年齢ごとに揃った「アレルブロック」シリーズ
国民の多くの方が悩む花粉のシーズンが、今年も目前に迫ってきました。

株式会社ウェザーニューズの発表(※1)によると、スギ・ヒノキ花粉の発生源となる雄花の生育が2018年夏の記録的猛暑によって活発となり、全国平均の花粉飛散量が昨年から約2.7倍も増すおそれがあるそうです。

昨年よりも多くの花粉が飛散しそうなのであれば、より花粉対策に意識を向ける必要がありそうですね。

そこで今回は、辛い花粉に悩まされないための対策商品として、1日1回使用するだけで肌・髪・衣類への花粉の付着を防止できる、アース製薬の花粉対策スプレー「アレルブロック」シリーズをご紹介します。

※1:ウェザーニューズ「【第一回花粉飛散傾向】来春の花粉飛散量、全国平均で平年の6割増、今年の2.7倍に」
https://jp.weathernews.com/news/24849/

犯人は静電気!実は花粉は“自ら寄せ付けていた”

花粉対策スプレーの効果を紹介する前にまず、そもそもなぜ花粉が付着するのか、そのメカニズムを説明しましょう。

人やモノは、それぞれプラスないしマイナスの電荷を帯びており、常に静電気を発しています。

この、私たちの身体に気づかないうちに帯びていた静電気が、空中を舞っている花粉やウイルス、PM2.5などの有害物質を寄せ付けているのです。

さらに、花粉対策としてマスクを使用している人が多いと思いますが、自分の身体に付着した花粉や有害物質はマスクをしていても家まで持ち込まれてしまいます。

つまり、マスクだけでは花粉対策として十分とは言いきれないのです。

そこで近年注目されているのが、スプレーするだけで花粉が身体に付着するのを防ぎ、目・鼻・口からの侵入を予防できる「花粉対策スプレー」です。

スプレーするだけで静電気を帯びにくい=花粉を寄せ付けない身体に!

では、なぜスプレーするだけで花粉を寄せ付けにくくできるのか?

そのキーワードは「帯電予防」です。

花粉対策スプレーには、天然由来の安心安全な帯電防止成分「ヒドロキシプロピルキトサン」が配合されています。

この成分が含まれたスプレーを使用すると、身体の表面にまとっていたプラスとマイナスの電荷が機能しなくなります。

そうすることで静電気を帯びにくくなり、電荷を帯びている花粉や有害物質が人に付着しにくくなるのです。

■帯電電荷量(nC)の比較(アース製薬社内試験)

アース製薬が行った花粉対策スプレーを用いた実験では、花粉の付着率が衣類では95%、髪は90%、肌は88%ブロックできたという結果も出ています。

■「花粉ガードママ&キッズ」処理から24時間後の、花粉付着防止効果(アース製薬社内実験。花粉モデル使用)

さらに、髪と肌への付着防止効果の実験においては、スプレー使用時の方が無処理と比べて大幅に付着を抑えていることが、下の画像からも分かります。
■髪・肌・衣類への付着防止効果の実験(アース製薬社内試験。いずれも写真左が無処理、写真右がヒドロキシプロピルキトサン溶液処理後。花粉モデル使用)

【髪】

【肌】

【布】

25 件