【父親像の歴史】古代から平成まで…各時代の父親像はどのように変化してきたか?(前編)

【父親像の歴史】古代から平成まで…各時代の父親像はどのように変化してきたか?(前編)

ライフスタイル

目次[非表示]

  1. 古代では“家族の一員”である前に“村落共同体の一員”
  2. 絶対的な権力を握っていた家父長制下の父親
  3. 性別分業が確立された”昭和の父親像”
  4. 共働き家庭が増加し、家事育児参加が求められる平成

性別分業が確立された”昭和の父親像”

──家父長制家族を経て、私たちのイメージにも残っている「性別分業(専業主婦)家庭」が成立するのはいつ頃ですか?

戦後、工業や商業の大規模化によって会社に雇われる人たちが増え、生産活動の拠点が家から会社に移りました。高度経済成長期は男性の稼ぎだけでも家族が暮らせたので、男性は有償労働者として外で働き、女性は無償労働者として家事育児に従事するという性別分業が最も効率的な家族形態として確立されたのです。

──父親は家長という権力者の座を降りたわけですが、家庭内での父親の地位も失われたのですか?

明治時代には明治民法によって家長の権限が定められていたのに対し、戦後の新民法ではそうした法律的なバックアップを得られなくなったのですが、それでも一家の大黒柱という意味での権威はある程度保たれていました。これは私の推測なのですが、現在のように給料が銀行に振り込まれるのではなく、給料袋で手渡しされていた時代の方が、父親の権威は強かったのではないでしょうか。

──給料袋を家に持って帰ると「家族を食わせるお金を稼いでいる」という形が目に見えて分かりやすいからですね。やはり性別分業家庭においては、父親が家事育児に積極的に関与することは期待できなかったのでしょうか?

男性は有償労働、女性は無償労働と役割が明確に分かれましたからね。自営業が主流だった家父長制家族であれば、家に出入りする従業員や使用人に家事育児を協力してもらえたのですが、父親が雇用労働者になり職場と家が分離されたことによって、母親がすべてやらざるをえなくなったのです。

──性別分業家庭においては、父親の存在意義や家族との関係も変化したのではないですか?

「一家の大黒柱として家族を食わせること」が父親の使命だったので、家族を食わせていけない父親は存在意義がないに等しいでしょうね。一方、“小規模なファミリー企業の社長”である父親に絶対逆らえなかった家父長制家族と比べて、生産活動の拠点が家の外に移ったことで、子どもは、一旦会社に就職すれば、親に依存しなくても自由に生きられるようになりました。

また、昔は家長が子どもの結婚相手を決める権利を持っていたのに対し、恋愛や見合いを通じて自分の意志で結婚できるようになり、パートナーを認める意識が芽生えると共に男女の立場も対等へと近づいていったのです。

この時代の父親像をまとめると…

イラストはイメージです。

共働き家庭が増加し、家事育児参加が求められる平成

──そして共働き家庭が年々増加している現代に至るわけですが、夫婦で生活費を稼ぐという家族形態になったことで父親の立場や意識はどのように変わったと思われますか?

経済成長が鈍化して賃金も上がらず、一人で家族を食わせるのは難しい環境にあるため、結婚しても妻に仕事を続けてほしいと望む男性が増え、さらに言うと「自分だけが稼ぎ手の重荷を担いたくない」と思う人が増えました。

──そして父親の役割や価値観も変化していくわけですね。

徐々にではありますが、女性が一手に担っていた家事育児という無償労働を男性も分担するようになりました。また、家事育児に関与することで新たな楽しさを体験する機会が生まれ、例えば「子どもの成長」などが父親の生きがいの一部として組み込まれていったという側面もあります。

──それでも男女間で家事育児の負担差が生じているのが現状ですが、何が原因と思われますか?

第一に考えられるのは、仕事以外で家庭に費やす時間がないこと。次に、女性と比べて男性の家事スキルが低いこと。また、家事に期待される要求水準が高いことも大きく影響しています。また、共働きでも収入差を盾に参加しなかったり、上に立とうとする男性もいます。

──家事に期待される要求水準が高いと、例えば男性が行った家事に対して女性がダメ出しするような状況が生まれやすいですよね。家事育児の負担差の解消につながる、端的な取っかかりは何が挙げられるでしょうか?

時間の余裕さえあれば不慣れな家事について学ぶこともできるでしょうから、まずは会社での労働時間をもっと短くすることではないでしょうか。

もう1つ挙げられるのは、女性も海外の家事事情をもっと知っておくと良いでしょうね。こんなにキッチリ家事をするのは日本ぐらいです。海外の家事事情を知ることで「これでいいんだ」と思えるようになると、家事への要求水準が下がり、男性も家事に参加しやすくなると思いますよ。

──そうした高い要求水準はどこから生まれるものなのですか?

専業主婦だった自分の母親が行っていた家事を基準に考える方が多いのでしょう。だから、例えば夕食をスーパーのお惣菜で済ませたりすると「ちゃんと家事をしてないかも…」といった罪悪感を感じる人もいるでしょうね。でも近年の若い世代の母親は共働き世帯に差し掛かっているので、そうした母親像が子どものイメージに刷り込まれていくと、必然的に家事への要求水準も下がるのではないでしょうか。

この時代の父親像をまとめると…

イラストはイメージです。

「男性は仕事、女性は家庭」という性別分業が旧来的な家族形態として根強く残っていますが、長い歴史における家族のカタチの変遷を探っていくと、限られた時代の特殊な形態であったことが実感できました。そして家族のカタチの変遷に伴って、父親のあり方も変わってきているようです。

後編では、これからの令和の時代における家族や父親のあり方について、さらに伺っていきます。
<インタビュー協力>
筒井 淳也(立命館大学 産業社会学部教授)
1970年生まれ。93年一橋大学社会学部卒業、99年同大学大学院社会学研究科博士後期課程満期退学。現在は立命館大学 産業社会学部教授。主な専門は家族社会学・計量社会学。著書に『結婚と家族のこれから 共働き社会の限界』(光文社新書)『仕事と家族 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか』(中公新書)など。

イラスト:武田侑大
▼その他おすすめ記事
22 件