焼酎聖地宮崎の蔵元さんを巡る旅 後編(県北・県央)

焼酎聖地宮崎の蔵元さんを巡る旅 後編(県北・県央)

趣味・遊び

目次[非表示]

  1. 【県北編】県北の特長は麦と雑穀
  2. 姫泉酒造
    1. 歴史は江戸時代から始まります
    2. 民藝の道具を使った丁寧な手作業がらしさです
    3. 江戸からの風景も次世代へ
  3. 落合酒造場
    1. 鏡洲川の美味しい伏流水を求めて第二の創業
    2. 多様な素材の使いこなしは落合さんスタイル
    3. 物語仕立ての焼酎コンセプト
    4. 一期一会の食事の時間を支える焼酎を
  4. 渡邊酒造場
    1. 蔵人であり農業者として風土で醸す酒
    2. 持続可能な「循環していく造り」の日常
    3. 近所の大根工場とも酵母菌で共生

落合酒造場

鏡洲川の美味しい伏流水を求めて第二の創業

創業は明治42年(1909年)。100年の歴史を基礎に、焼酎作りに最適な環境と水を求めて10年前に現在の地で新たに根を張りました。

周りの山には猪や猿もいる自然の真っただ中。鏡洲川のきれいで美味しい伏流水を仕込み水に使用し、貴重な三石和甕で一次もろみを醸していることが造りの特長です。
現在は4代目の落合亮平さんが新しい焼酎作りに挑戦し続けています。蔵の哲学である「酒造りの中で一番優先すべきは素材の品質」という考えに基づき、原料はすべて国産。米は九州、麦は佐賀県、芋は県内都城市の契約農家が緑肥栽培で育てたもののみを使用しています。

多様な素材の使いこなしは落合さんスタイル

落合さんといえば、個性ある素材を使用することでも有名。高知県四万十川のNPOの依頼で地域おこしのために始めた「生姜」焼酎は、現在は地元宮崎産で作られています。麦をベースに生姜風味が重なる味わいには根強いファンが多いです。

リアルにピーマンやカボチャの香りがする野菜焼酎の原料も本物の野菜で、落合さんにとってはヨモギやにんにくも焼酎の素材になります。
その他素材を挙げれば、明日葉、小松菜、大根、あずき、行者にんにく、しそ、などなど。

本格焼酎の仕上げは蒸留1 回勝負だけに素材そのものの味が見事に投影されます。それだけにレベルが高い素材を使っていると作りに言い訳ができないと、常にご自身を戒めながら焼酎造りに励んでいらっしゃいます。

多種多様な素材も落合さんの手にかかれば世界で1本のオリジナル焼酎になるので、今でもお問い合わせは全国から絶えないそう。これからもどんな素材が登場してくるのか、飲み手として期待を超えた新概念の焼酎の登場が待ち遠しくなります。

物語仕立ての焼酎コンセプト

素材以外でも、焼酎作りのコンセプトにおいて物語が多彩なのが落合さんスタイル。

代表作に「海柴」や「竈猫」があり、海柴は海で遊ぶ柴犬のようにお気楽ご機嫌で楽しい気持ちになれるお酒がコンセプト。シルクスイートを素材にさわやかでフルーティー、キレのある焼酎はまさに柴犬を傍らに飲みたくなります。
さらに地元宮崎でサーフィン大会があったときにできた、柴犬がサーフィンするバージョンもあります(笑)。 犬用の救命具を着させてリアルさを演出するのも落合さんのこだわりです。

また、竈(かまど)の近くで丸くなる猫のように気持ちよく酔えるお酒を目指す竃(へっつい)猫など、 ANA(全日空)国際線ファーストクラスに搭載された銘酒もあります。

一期一会の食事の時間を支える焼酎を

「一期一会、残心」を掲げ、食中酒として、食事に合う焼酎の魅力を磨き続ける落合酒造さん。そのためにも1本ずつ丁寧に入魂で焼酎をゆっくりと仕上げます。出荷するまで最低1年半以上寝かせてから旅立たせるのも落合さんらしさです。
「焼酎作りが楽しくて面白くてもっともっと深掘りしたくなる」と笑顔で語る落合さん。現在は杜氏と社長を兼任することで、落合さんが目指す新たな世界観を実現する環境が整っています。

落合家はもともと、和ろうそくを製造販売していた商家で、飫肥藩のお城にろうそくを納めており、その後焼酎製造販売に家業を転換し、蔵元としての歴史がスタートしています。これからも既成概念に規定されない柔軟な発想で、焼酎界の未来にどんな灯りをともしていくのか、乞うご期待です。

■落合酒造場 HP
http://www.ochiaishuzojyo.jp/
77 件