焼酎聖地宮崎の蔵元さんを巡る旅 後編(県南・県西)

焼酎聖地宮崎の蔵元さんを巡る旅 後編(県南・県西)

趣味・遊び

目次[非表示]

  1. 【県南編】薩摩藩との食文化が交じり合う多様な地域性
  2. 小玉酒造
    1. 飫肥藩の歴史が息づく小京都で醸す焼酎
    2. 蔵人は東京から日南市へ
    3. 2つの蔵が融合した背景
    4. 地元の素材と手仕事にこだわり
  3. 古澤醸造
    1. 明治創業からの土蔵は「登録有形文化財」
    2. 甕に足跡を聞かせる焼酎造り
    3. しみじみと心に通う日南八重桜
  4. 【県西編】霧島連山の豊富な水系と良質なサツマイモの産地であることが特長
  5. 柳田酒造
    1. 元エンジニアの経験を活かした新概念の焼酎造り
    2. 5代目が切り開く焼酎界のイノベーション
    3. メーカーズディナーで表現する焼酎の新境地
    4. 「自分が飲んだことがない焼酎を作りたい」
  6. 須木酒造
    1. 焼酎界の至宝が次々と提案する焼酎の新世界
    2. 蔵つき酵母が目に見える仕組み
    3. 焼酎作りは麹作り
    4. 内嶋杜氏が見据える想いとは
  7. 宮崎焼酎聖地を巡る旅、まとめとして

古澤醸造

明治創業からの土蔵は「登録有形文化財」

明治25年(1892年)創業で、代表銘柄は「八重桜」。128年間、県内でも唯一、創業当時からの土蔵にて焼酎作りを続けています

この土蔵は2018年、店舗兼主屋や作業場、焼酎蔵、表門、塀など6件が国の「登録有形文化財」として登録されました。見るからに醸造業で栄えた町の当時の賑わいが伝わってくるような情趣ある建物で、昔ながらの建築様式は在りし日の雰囲気がそのまま感じられます。
土蔵は断熱材の役目を果たしていて、南国特有の熱く照りつける太陽の日差しをカット。蔵内の温度を一定に保ち、もろみの発酵・蒸留した焼酎の熟成など、さまざまに良い影響を与えてくれるそうです

さらに平成21年には地元産樹齢 60年の飫肥杉を使った貯蔵庫も新設し、新たな歴史を彩る準備も整いました。

甕に足跡を聞かせる焼酎造り

現在5代目の杜氏・古澤昌子さんのこだわりは、できる限り機械に頼らず手仕事で仕事をすること。情緒あふれる雰囲気抜群の土蔵蔵の中で、古澤さんスタイルのこだわりをお話いただきました。

かつては仕込み中の甕(かめ)の様子を見ることを「足音を聞かせる」と表現したそう。もろみを見ること=人で言えば顔を見ることと捉えて、何度も足を運ぶことで美味しい焼酎を作るという職人の気概と覚悟が伝わってくる言葉です。

また、創業当時からの甕は家業の宝。この甕を丁寧に扱い大事にすることが、丁寧な焼酎作りにも味わい深い焼酎の味わいにも直結しています。

しみじみと心に通う日南八重桜

年間通じて杜氏として忙しい昌子さんも、心を緩めるひとときはダレヤメ時間。1日の仕事をすべて終えてお刺身の切り身の両面に甘い地元産のお醤油をつけ、焼酎をお湯割りで飲む時間が「心の緩む大切なひととき」だそう。

漁業の町として栄えた時代からの最強のマリアージュで焼酎をたしなみながら、杜氏としてご多忙な毎日を過ごす英気を養う大切なひとときと推察します。
古澤醸造には「飲んでうっとり、醒めてすっきり、日南焼酎八重桜。しみじみと心にかよう日南八重桜」という一節があります。意味合いは、ごはんを食べながら食中酒として飲んで、細く長く悪酔いしないで飲める焼酎のこと。

一日の最後に飲むダレヤメ時間に、人々の心を和ませる快心の一杯を提供するために、日々提案を考えている昌子さんが目に浮かびます。
歴史を背負いながら女性ならではの観点・感性で醸す焼酎作り。それを通して表現する八重桜の未来の新たな開花を、これからも飲み手として見届けられることが楽しみです。

■古澤醸造 HP
http://www.nichinan-yaezakura.jp/
112 件