本格焼酎をカクテルで楽しむ方法(心構え編) Shochu Mix up 2020 ~みやざき焼酎の未来~

本格焼酎をカクテルで楽しむ方法(心構え編) Shochu Mix up 2020 ~みやざき焼酎の未来~

趣味・遊び

目次[非表示]

  1. はじめに
  2. Shochu Mix up 2020 ~みやざき焼酎の未来焼とは
  3. プロデューサーはミクソロジストの代表格、南雲さん
  4. オール宮崎の多様なプレイヤーが一挙集結
  5. ステージではセミナーが続々と開催
  6. スペシャルトークではミクソロジスト南雲さんの講義
  7. カクテルの相性を研究するためのステップ
  8. 蔵元セミナーでは蔵元さんご自身から個別レクチャー
  9. 多様で華やかなカクテルのバリエーション
  10. フード提供も一期一食の宮崎オリジナルメニュー
  11. 宮崎の焼き物や焼酎テイスティング、特産品のPRも
  12. 一杯をつむぐ面白さがつまっています。カクテルは思いのリレー、バトンタッチ

多様で華やかなカクテルのバリエーション

そしていよいよ、蔵元さんとバーテンダーのみなさんのコラボが織り成す多種多様な新概念のカクテルのご提供。それぞれの個性を味わい楽しめるひとときを、飲み手のみなさん楽しんでおりました。

お好みに応じて、好きな蔵元さんのカクテルを直接説明を聞きながら飲める贅沢な時間です。
供されたカクテルのラインナップの一部を以下画像でお伝えします。カウンターで開花しているグラスの数々をご覧ください。カクテルの種類は大きく分けて以下4つのカテゴリーに分かれます。この切り口もご家庭で再現する際の参考にしてみてください。

 -地域食材&飲み方との組み合わせ(地域特産物の魅力投影)
 -革新的な挑戦系(新素材×焼酎)
 -カクテル王道系(基本手法の横展開)
 -基本忠実系(焼酎の前割りなど)
女性バーテンダーさんは豊かな感性で、エディブルフラワーを使ったカクテルをご提案。見た目も味も心がときめきます。
この中から落合酒造さんの2種のカクテルレシピを以下公開します。ご自宅でもアレンジしてオリジナル焼酎カクテルもつくるヒントにしてみてください(レシピ考案:緒方唯さん/Wine&Bar 麦家)

フード提供も一期一食の宮崎オリジナルメニュー

焼酎の合間に提供されるフードもオール宮崎のマリアージュ。フロリレージュの川手寛康さんとオマージュの荒井昇さんによる当日限定のメニューです。

スターシェフと宮崎県食材のコラボレーションは、焼酎を片手に頬もゆるむ美味しさ。乾杯の時間の満足度も上がります。

宮崎の焼き物や焼酎テイスティング、特産品のPRも

会場内には全蔵元さんの多様なラインナップを、蔵元さんによる説明を聞きながら直接試飲できるブースもありました。他にも宮崎県の特産分が試せるブースがあり、焼酎聖地宮崎の魅力がまるかじりできる構成に。

また、地元のアーティスト、園田空也さんの手仕事で創作された作品も並べられ注目を集めていました。宮崎焼酎や食べ物に合わせて食卓にて鑑賞したくなります。

一杯をつむぐ面白さがつまっています。カクテルは思いのリレー、バトンタッチ

カクテルは「作り手」である蔵元さんの本格焼酎という全身全霊でつくった渾身の作品を、「伝え手」であるお店がさらに飲み物の作品として昇華させます。

それを「飲み手」が五感を総動員して味わい、明日への活力として心のエネルギーに変換します。今日を超えて明日を眺め自分を取り戻すこの時間は、作り手と伝え手と飲み手のつながりが確認できるひとときでもあります。
言うなれば、カクテルグラスの美味しさが楽しめる時間は、味わいの移ろいを考えれば人生の中でわずか数分の出来事。この時間には多種多様な人々の人生が交錯し、ぎゅっとその思いが詰め込まれています。

カクテルグラスの水面(みなも)の向こう側に畑や蔵元さん、その場でカクテルを注ぐ人を含めた応援しあえる関係があれば、飲んで応援する気持ちもさらに醸成されます。カクテルが表現する「思いのリレー」を大事に、今日も飲めるすべての環境に感謝の乾杯です。

焼酎は飲み手の数だけ飲み方があるのが面白さです。今年はぜひ自分だけのオリジナルカクテルつくりに挑戦してみてはいかがでしょう。焼酎をより楽しむ余白が広がることを約束します。オール焼酎ファンみんなで創作する個性豊かな新概念のカクテルの誕生、楽しみです!
以上

執筆・写真:町田正英

「自分だけの「焼酎スタイル」を確立!奥が深い焼酎を極める」その他の連載記事はこちら
104 件