【動画配信サイトで観られるオススメ映画(4月版)】外出しない日はお家を映画館に!今、動画配信サイトで観られる、家族にオススメの映画3選

【動画配信サイトで観られるオススメ映画(4月版)】外出しない日はお家を映画館に!今、動画配信サイトで観られる、家族にオススメの映画3選

趣味・遊び

目次[非表示]

  1. ■痛快な笑いとハートフルな感動に心が揺さぶられる!│『きっと、うまくいく』(Amazon Prime)
  2. ■ありのままの自分を受け入れられない…傷だらけの青春模様│『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(Netflix)
  3. ■大人も子どももほのぼの癒され泣ける│『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』(Amazon Prime)
せっかく季節が春めいてきたのに、新型コロナウイルスの影響で外出できない日々が続いています。こんな時こそ、笑いあり興奮あり涙ありの名作映画を自宅で鑑賞し、在宅時間を有意義に過ごしてみませんか。

そこで今回は、NetflixやAmazon Primeなど動画配信サイトでも気軽に視聴できる(※)オススメの作品をご紹介します。
※2020年4月1日現在

■痛快な笑いとハートフルな感動に心が揺さぶられる!│『きっと、うまくいく』(Amazon Prime)

©Vinod Chopra Films Pvt Ltd 2009. All rights reserved

絢爛豪華なミュージカルシーンで社会現象となった『ムトゥ 踊るマハラジャ』をきっかけに、日本でも認知度がアップしたインド映画。徹底的に観客を楽しませることに徹した“娯楽エッセンスの全部盛り”が特徴的で、本編時間も必然的に長くなる傾向にあります。今回ご紹介する『きっと、うまくいく』も約3時間という長編ですが、大学の悪友3人組による笑い・友情・涙ありの青春模様が、底抜けに明るいミュージカルシーンを交えながらテンポよく繰り広げられるので、時間があっという間に感じられること間違いなし!

時間の長さを感じさせないもう一つの理由は、生きる意味を考えさせる普遍的なストーリーの見ごたえにもあります。学歴社会インドのエリート教育から脱落しないよう自分らしさを押し殺している落ちこぼれのファランとラージューが、社会の古いしきたりに縛られない型破りなランチョーと出会うことで、自分の人生を見つめ直していく──。競争社会を必死に生きている現代人の誰もが、自由人のランチョーに憧れ励まされると同時に、自分たちとどこか似ているファランとラージューに自らを重ね、人生で大切なことに気づかされるはず

そして感動で胸がいっぱいになった鑑賞後は、ランチョーのモットーである「Aal Izz Well(きっとうまくいく)」を人生の合言葉にしたくなることでしょう

■動画URL
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00ITGLFVK/

■ありのままの自分を受け入れられない…傷だらけの青春模様│『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(Netflix)

©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会

周囲とうまく溶け込めない、自分の気持ちをうまく伝えられない…といった悩みやコンプレックスを人知れず抱え、孤独と不安の中で青春時代を過ごした方は少なくないのではないでしょうか。そんな傷だらけの青春模様を送る不器用な高校生たちを瑞々しいタッチで描いた秀作が『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』です。

人前で言葉をうまく発することができない志乃。“みんなと同じじゃない”ことに悩む彼女の苦しみが、見ているだけでも痛いほどヒリヒリと伝わってきます。誰とも言葉を交わさない真っ暗闇な学校生活の中で、音楽好きな同級生・加代と偶然仲良くなり音楽デュオに誘われたことから、今まで知らなかった世界にキラキラ目を輝かせながら自分の殻から抜け出そうともがく彼女を“親目線”で応援せずにいられません

そんな志乃の姿は、学校生活=世界のすべてである子どもたちに、そしてリアルタイムで志乃と同じような孤独と不安を抱えている子どもたちに「君の悩みは特別なことじゃないんだ」と安心させてあげるきっかけになるはず。自分のすべてを受け入れ、自分のことを好きになる──勇気ある一歩を踏み出す力を与えてくれる物語を、ぜひ親子でご鑑賞ください。

■動画URL
https://www.netflix.com/jp/title/81196783

■大人も子どももほのぼの癒され泣ける│『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』(Amazon Prime)

©2019 日本すみっコぐらし協会映画部

さむがりの“しろくま”、自信がない“ぺんぎん?”、食べられなかった端っこの“とんかつ”…のんびり系癒しキャラとして大人から子どもまで幅広い人気を集める「すみっコぐらし」の初のアニメ映画。一見すると子ども向けの作品ですが、2019年秋に劇場公開されるや「癒された」「感動した」と大人の間で口コミが広がり、異例の大ヒットを記録しました。

そうした熱い支持を誘う最大の理由は、「真ん中よりもすみっコがいい」という控えめな自分の性格をそのまま受け入れるすみっコたちに、「ナンバーワンよりオンリーワン」を良しとする現代人が共感せずにいられないから。さらにこの映画は、不思議な絵本に吸い込まれてしまったすみっコたちの体験する冒険が、和気あいあいとした世界観の中に現実の過酷さがほろ苦くトッピングされていて、そのギャップと相まった切ない余韻が後を引くためです。エンドロールも感涙必至なので見逃し厳禁!

そしてもちろんのことながら、愛くるしいすみっコたちがほのぼのと紡ぐ昔話パロディ風ファンタジーに、子どもは釘づけになること間違いなし! 言葉を話さないキャラクターの代わりに、井ノ原快彦と本上まなみがナレーションで心情などを代弁してくれ、良質な絵本を読み聞かせてもらうような感覚で夢中になれますよ。

■動画URL
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B0864ZNJMM/