「10歳の壁」「小4の壁」小学校高学年から子どもが急に反抗的になった──その時、親はどう接すればいい?

「10歳の壁」「小4の壁」小学校高学年から子どもが急に反抗的になった──その時、親はどう接すればいい?

育児

目次[非表示]

  1. 10歳前後の子どもが反抗的になる理由は?
  2. 「10歳の壁」「小4の壁」を乗り越えるために必要な親の対応は?
    1. 見守りに徹し、いざという時だけ注意する
    2. 頭ごなしに叱らない
    3. 「怒り役」と「慰め役」を夫婦で分担
  3. 夫婦間の愚痴で怒りやイライラを解消する
今までパパママの言うことを何でも素直に聞いていた子どもが、小学校高学年に差しかかってやたらと口答えしてきたり、反抗的な(相手を傷つけようとする)言い回しをするようになった。あるいは、急に言葉使いが悪くなった──。そう感じたことはありませんか。

子どもによって程度や時期に個人差はありますが、SNSでも10歳前後の子を育てているパパママから次のような悩みの声が多く寄せられています。
「反抗期って中学生ぐらいから始まるもののはずだし、ちょっと早いんじゃない?」と疑問に感じる方もいるかもしれませんが、実はこれは「10歳の壁」または「小4の壁」と呼ばれる、子どもの発達段階に応じて現れる現象なのです。

10歳前後の子どもが反抗的になる理由は?

では、“10歳前後の子どもの発達段階”とはどんな状態を指すのでしょうか? 文部科学省のHPでは、次のように特徴が説明されています。
9歳以降の小学校高学年の時期には、幼児期を離れ、物事をある程度対象化して認識することができるようになる。対象との間に距離をおいた分析ができるようになり、知的な活動においてもより分化した追求が可能となる。
つまり10歳前後の子どもは、自分の頭で考えたことをしっかり言葉にできる能力が発達する時期ということ。

それだけなら喜ばしい成長なのですが、次のような特徴も関係することで「10歳の壁」の現象が生まれてくるのです。
身体も大きく成長し、自己肯定感を持ちはじめる時期であるが、反面、発達の個人差も大きく見られることから、自己に対する肯定的な意識を持てず、劣等感を持ちやすくなる時期でもある。
また、集団の規則を理解して、集団活動に主体的に関与したり、遊びなどでは自分たちで決まりを作り、ルールを守るようになる 一方、ギャングエイジとも言われるこの時期は、閉鎖的な子どもの仲間集団が発生し、付和雷同的な行動が見られる。
つまり、自己肯定感に裏付けられた「自分の方が正しい」という思いや、劣等感を払拭したいがための攻撃的姿勢、さらに親しい友人と使っている荒々しい言葉が当たり前になることなどが重なり、パパママに反抗的な態度を取るようになるのでしょう。

「10歳の壁」「小4の壁」を乗り越えるために必要な親の対応は?

子どもの内面的成長が「10歳の壁」「小4の壁」という新たなステージに達したのであれば、大人もそれまでの関係性や距離感を見直す必要があります。もう親の言うことに何でも従う年齢ではないのに、小さい子どもを相手にするような頭ごなしに命令する態度では反発を招くだけです。

反抗的な子どもを正しく導いて“育児の壁”を乗り越えるために、次のような対応を実践してみてはいかがでしょうか。

見守りに徹し、いざという時だけ注意する

反抗期への対処法と相通じるものですが、「いつまでも子どもじゃない」という自立心が芽生え始める時期の子に対して、過剰な干渉や押しつけは「言われなくても分かってるよ」と反発を招く火種になりかねません。

ある程度は子どもの自主性を尊重して“見守り”に努め、注意や干渉はここぞ!という場面だけにとどめてみてはいかがでしょうか。一人の人間として認められている満足感と、ちゃんと見守られている安心感を得られれば、子どもだって不必要な反発は起こさなくなるかもしれません。

▼あわせて読みたい

頭ごなしに叱らない

先ほど触れたように、10歳前後は自己肯定感を持ちはじめる時期。それなのに事あるごとに言動を叱ったり否定しすぎると、子どもの自己肯定感はボロボロになり、劣等感に苛まれたり心を閉ざしてしまうおそれがあります。

子どもが反抗的な態度を見せてもそのテンションにつられず、まずは子どもの気持ちを受け入れ、その上で「こうした方がいい」と冷静に諭すようにしてはいかがでしょうか。そうは言ってもついカッとなる…という方は、怒りの感情のコントロールに努めてみるのも良いかもしれません。

▼あわせて読みたい

「怒り役」と「慰め役」を夫婦で分担

パパママ2人から怒られてばかりだと、子どもにとって逃げ場所がなくストレスは溜まるばかり。家庭の中が息苦しくて精神が不安定になったり、いっそう反抗心が高まるおそれも…。そこでオススメしたいのが、夫婦で「怒り役」と「慰め役」を分担することです。

子どもと一緒にいる時間の長いママがそのつど叱っている家庭は、パパが陰で「別にママはお前のことが嫌いじゃないんだよ」とフォローに務めましょう。逆に、一緒にいる時間の長いママに四六時中怒られるのも辛いから、ここぞという時だけパパが叱るという分担も有効でしょう。

夫婦間の愚痴で怒りやイライラを解消する

「頭ごなしに叱らない」と言われてもつい感情的になってしまうし、「怒り役と慰め役を夫婦で分担」してもつい2人がかりで怒りたくなる──。そうした感情を適度にコントロールできるようになるには、パパママにもイライラした感情の逃げ場所があった方がいいでしょう

例えば子どもが寝た後などに、「今日こんな口答えをされたよ」と夫婦で愚痴をこぼしあう時間を設けてはいかがでしょうか。怒りのはけ口になると同時に、子どもの発育状態を夫婦で理解し「じゃあこうしようか」と足並みを揃える機会としても役立つはずです
子どもが「10歳の壁」「小4の壁」に直面したということは、何でも親頼りという段階から自立への第一歩を踏み出した証。そうやって子どもが変わっているのなら、大人だって接し方を見直す必要があるのではないでしょうか。

「まだ10歳」と考えるとつい口うるさくなってしまいますが、「もう10歳」という発想に基づいて小さい頃のような“子ども扱い”を改め、変化の過程にいる我が子をしっかり見守りながら導いてあげてください。