赤ちゃんが夜に寝なくなる…その原因は「睡眠退行」かも!

赤ちゃんが夜に寝なくなる…その原因は「睡眠退行」かも!

育児

目次[非表示]

  1. 睡眠退行とは?いつから始まりやすい?
  2. 赤ちゃんの睡眠退行で困った時の対策
    1. ①連続で長く起きすぎないようにする
    2. ②寝ついた時と同じ環境をキープする
    3. ③スキンシップをたくさんとる
この前までよく寝てくれていた赤ちゃんが、急にぐずって寝てくれなくなったり、寝てもすぐに起きるようになったりして悩むことはありませんか? もしかするとそれは「睡眠退行」という現象かもしれません。

赤ちゃんが突然うまく寝られなくなる睡眠退行について解説していきます。

睡眠退行とは?いつから始まりやすい?

「睡眠退行」とは赤ちゃんの急成長に伴って睡眠が乱れる時期を指します。首がすわって脳の発達も進む生後4ヶ月ごろ、親と離れることに不安を感じる分離不安やつかまり立ちなどによって視点が変わり始める8ヶ月ごろ、自我も発達し生活スケジュールが乱れやすくもなる11ヶ月ごろに起こることが多いとされていますが、その時期は個々の成長によって異なります。

これらの現象は誰もが経験するものではなく、特に感じることがないまま通り過ぎることもあります。思い当たる変化などが何もないのに、急に睡眠トラブルが怒るようになった時は、睡眠退行という言葉を思い出して考えてみても良いでしょう

赤ちゃんの睡眠退行で困った時の対策

睡眠退行を瞬時に終わらせる対策、というのは残念ながらありません。なぜなら、成長に伴って起こっていることなので、起こること自体を避けたり、縮めたりすることは難しいのです。

しかし、この「睡眠退行」という現象があることを知っていることが、その後の睡眠トラブルを防ぐために最も重要な対策だと言うことはできます。知らないが故に「なんで急に寝てくれなくなったんだろう?」「あれがいけないのかな?こうやって寝かせてみようかな?」などと手を替え品を替えて対応することによって、不要な寝かしつけのクセをつけてしまう…ということになりかねないためです。つまり、睡眠退行のことを知っているだけで、一歩も二歩も前進できるのです。

そして、どうしても寝られず泣き続けて大変!という場合には、次の3点を意識してみてください。

①連続で長く起きすぎないようにする

特に0歳の赤ちゃんが寝ぐずりをするのは、疲れすぎが原因のことが多いのです。疲れすぎると脳が興奮状態になってしまって、眠いのにうまく寝られなくない現象が起こりがちです。

例えば4ヶ月の赤ちゃんが起きていられる目安は2時間程度、8ヶ月なら3〜4時間程度です(※個人差があるので、もっと長い子も短い子もいます)。眠くてぐずっているのではないか?疲れすぎてはいないか?とチェックするようにしてみてください。

②寝ついた時と同じ環境をキープする

大人でも赤ちゃんでも、夜中にずっと深く眠っているわけではありません。眠りが浅くなったり(レム睡眠)、深くなったり(ノンレム睡眠)波のような睡眠サイクルを繰り返しています。その睡眠サイクルの切れ目では、大人も子どもも少し覚醒しています。

大人であれば無意識にエアコンを調節したり、布団を着たりはいだりして、起きたことを覚えていないまま眠りにつくことができます。しかし、赤ちゃんの場合はそうもいきません。睡眠サイクルの切れ目で少し目が開いたときに、寝ついた時と環境が変わっているとびっくりして起きてしまいやすくなります

例えば
・抱っこされていたのに、布団に置かれている!
・ついていたはずの電気が消されている!
・リビングで寝かしつけられたはずなのに、寝室にいる!

などということがあると、びっくりして起きてしまいやすくなります。状況が変わっていることに驚き、不安になってしまうからです。

大人でも、寝室で寝たはずなのに起きたらお風呂場だったら、びっくりして続けて眠ることはできないですよね? それと同じようなイメージです。
これを解決するためには、なるべく同じ状態を継続できるように寝かせることがコツになります。

そうは言っても「抱っこじゃないと寝ない!」と難しいことも多々あるかとは思いますが、電気や音楽などは可能な範囲で寝ついた時と同じ環境をキープできるように意識したり、リビングで寝かしつけするのではなく寝室で寝かしつけするように統一するなど、できるところだけでも意識してみてください。

睡眠退行の期間にいろいろと新しいことを覚えさせようとしたり、クセを取ろうとしたりしてもなかなかうまく行かないことが多いので、「今より上手にする」というよりは「今下手になっている要因を取り除く」というイメージで、無理はせずできる限りの取り組みにしてみてくださいね。
27 件