年に1度の楽しみ!夫婦で年末年始&お正月を楽しもう

年に1度の楽しみ!夫婦で年末年始&お正月を楽しもう

夫婦円満

目次[非表示]

  1. 年越しカウントダウンから初詣へとハシゴ
  2. 日帰り温泉で初日の出&スパで温泉気分を満喫
  3. お正月の食材が揃った市場や商店街に行く
  4. 自宅でゆったりまったり映画鑑賞
  5. 大事なのは、楽しい時間を共有すること
※この記事は2017年12月30日に公開した記事を一部再編集しております。
年末年始の予定はもう決まりましたか? 貴重な休日を自宅でのんびり休息するのもいいですが、季節の行事で非日常を満喫できるのも年に1度の楽しみの一つ。

クリスマスの楽しみ方をご紹介した前回に引き続き、今回も夫婦にオススメしたい年末年始の過ごし方をご提案します。

年越しカウントダウンから初詣へとハシゴ

1年の終わりと始まりを大切な人と迎えることができるのは、とても幸せなことですよね。自宅で年越しそばを食べながら「紅白歌合戦」「ゆく年くる年」をのんびり見ることもこの上ない幸せですが、多くの人たちで賑わう街に繰り出すことも、非日常感がありとてもワクワクするものです!
近年は日本でも外国のように、12月31日の夜にあちこちのスポットでカウントダウンイベントが行われています。
ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどのテーマパークから、横浜の赤レンガ倉庫や北海道のニセコマウンテンリゾートといった観光スポットまで、カウントダウンに合わせた花火など多種多彩なイベントでお祭り感覚を味わえます。

年越しの雰囲気を存分に味わったら、その勢いのまま新年のイベントへ。

カウントダウンでピークに達したテンションを夜道でクールダウンしながら、初詣に出かけてみましょう。楽しいお祭り騒ぎから一転、厳粛な気持ちで新年を迎えたら、大切な人と新しく年を重ねる喜びを噛みしめることができるはず。

日帰り温泉で初日の出&スパで温泉気分を満喫

予約が集中する年末年始は、急に旅行を思い立っても実行するのはなかなか難しいもの。でも、日帰り温泉であれば予約なしでも気軽に足を運ぶことができます。絶景自慢の露天風呂の中には元日の朝から営業している施設もあるので、ぜひ、ひとっ風呂浴びながら初日の出を拝んでみましょう。

近くに手ごろな温泉地がないという方は、スパ(露天気分を味わえる外風呂があるとなお良いかも)に出かけてはいかがでしょうか。広い湯船で思いきり足を伸ばして体の芯まで温まったら、ホクホク穏やかな気分を2人で共有できるはずです。

▼あわせて読みたい

お正月の食材が揃った市場や商店街に行く

旅行とまではいかなくとも、せっかくの年末年始を家でボーッと過ごすだけなんてもったいない! そんなアクティブな夫婦には、関東ならアメ横、中部なら柳橋中央市場、関西なら黒門市場や錦市場など、お正月料理の食材を求める人々でにぎわう市場に足を運ぶのもオススメです。

この時期ならではの旬の海の幸や、普段はあまり見かけない珍しい食材を買い込んで、買い物と自宅での調理・食事と2度に渡って楽しんでみましょう。ただし、年末年始は通常の営業日と異なる市場も多いので、事前の問い合わせをお忘れなく。

自宅でゆったりまったり映画鑑賞

普段は仕事や家事育児に忙しくて、なかなか一緒に過ごすタイミングが合わない夫婦にとって、映画館に出かけるのはもちろん、自宅で映画を鑑賞する時間の確保も大変。
でも、比較的自由に使える時間が多い年末年始なら、一緒にソファに座ってゆったり映画を鑑賞できる余裕があるはず。

気になってたけどつい見逃してしまった今年の話題作をDVD(あるいは動画配信サイト)でチェックするもよし。
見たくて録画したけどハードディスクにたまったままの映画をこの機会に消化するもよし。
あるいは結婚前のデートで見た思い出の映画をもう一度鑑賞するのもオススメ。

ポップコーンやホットドッグを用意して、映画館デート気分をまったり満喫してはいかがでしょうか。

▼あわせて読みたい

大事なのは、楽しい時間を共有すること

1年に変化をもたらす季節の行事は、毎日の暮らしがルーティン化しがちな夫婦生活のアクセントとしてうってつけ。ちょっと重い腰を上げていつもと違う時間を過ごせば、新鮮な時間を2人で共有できます。

かけがえのない2人の思い出を、また1つずつ増やしていってください。
▼関連記事