旅行や帰省中に洗えなかった衣類…たまった匂いや汚れをスッキリ洗い落とそう!

旅行や帰省中に洗えなかった衣類…たまった匂いや汚れをスッキリ洗い落とそう!

洗濯

こんにちは! 洗濯ハカセの神崎です。

もうすぐ年末年始ですが、帰省や旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか?


でも、家へ帰った後に待ち受けているのは、帰省中や旅行中に着ていた大量の洗濯物…。

旅行中に着た洗濯物って、汗の匂いなのか汚れの匂いなのか独特な匂いがついて、洗っても洗ってもなかなか取れないですよね。


そこで今回は、帰省や旅行中に溜まった衣類の正しい洗濯方法について解説します。


目次[非表示]

  1. 1.洗濯物が生乾きで臭い原因は?
  2. 2.洗濯物の臭い対策
    1. 2.1.ぬるま湯
    2. 2.2.食器用洗剤と洗濯用洗剤
  3. 3.臭いや汚れを洗い落とすコツは「洗う前の分別」がおすすめ
  4. 4.旅行先でも簡単に臭い対策できる洗濯テクニック

洗濯物が生乾きで臭い原因は?

帰省や旅行中に着た衣類の洗濯で困るのは、まず何よりも洗濯物の量。そして、洗濯しても何だかさっぱりしない洗い上がりです。


乾燥しても何だか部屋干しとはちょっと違う匂い残りもあり、2度洗いしてしまう人も多いのではないでしょうか?


その原因は、やはり帰省や旅行中に洋服を洗えなかったことです。


洗濯ハカセ,帰省旅行,家men


長期間、最低でも5日間以上洗えないままビニール袋などに入れて旅行鞄の奥底に入れて持ち運んだりすると、汗・皮脂・その他の汚れが時間の経過と共に水分が蒸発し硬くなってしまいます


例えば、料理に使った道具や食器を当日中に洗う場合と翌日に洗う場合とでは、こびりついた食材や油が固まってしまった翌日の方が洗いにくいですよね。


結局は、人間の体から出る汚れなども同じこと。時間が経てば固まってしまい、ちょっとやそっと、普通の洗濯だけではキレイに落とすことは難しくなってしまうのです。


洗濯物の臭い対策

では、そんな時どうしたらいいのか?

ぬるま湯

汚れがたまった衣類は、洗剤を溶いたぬるま湯に一晩浸け置いてから、普通の洗濯をするだけで十分キレイにできます


食器用洗剤と洗濯用洗剤

できれば、汚れが激しくついている箇所──シャツであれば首回りや脇の内側部分などに食器用洗剤を塗ってから、洗濯用洗剤を溶いたぬるま湯に浸け込むのがオススメです。


洗濯ハカセ,帰省旅行,家men

洗濯ハカセ,帰省旅行,家men


▼あわせて読みたい

【おすすめの洗剤9選】洗濯のプロが自信を持ってオススメする「今使うべき洗剤」はコレ!






 


【おすすめの洗剤9選】洗濯のプロが自信を持ってオススメする「今使うべき洗剤」はコレ!
数えきれないほど販売されている洗濯洗剤の中から、どれを選べばいいのか? そんな洗濯にまつわる究極かつ最大の疑問に、これまでさまざまな製品を試してきた洗濯ハカセが自信をもってお答えします!
家men





臭いや汚れを洗い落とすコツは「洗う前の分別」がおすすめ


帰宅後に衣類をしっかり洗うためには、帰省や旅行中に使った衣類の分類も必要不可欠です。


例えば、インナーシャツやトランクスといった肌に触れる物と、フリースやパーカー等の汚れ方はまったく異なります。


不必要な汚れを広げないためにも汚れた衣類の分別をキチンと行っておきましょう。


そうすれば、帰宅後の一晩浸け込みの洗い方はインナーシャツなどの肌着類だけになり、余計な手間を省略してキレイに洗うことができますよ。


ただし、外側に着る衣類も肌に接している部分はあるので、肌に接しているような首回りや手首周りには食器用洗剤を塗りましょう。


10〜30分ほど経過後に洗うと、洗剤が固まった汚れをほぐしてくれて、1回の洗濯でも汚れが十分落ちやすくなってくれます。


▼あわせて読みたい

>梅雨シーズン前に対策を!衣類にカビを発生させない洗濯&保管テクニック






 


梅雨シーズン前に対策を!衣類にカビを発生させない洗濯&保管テクニック
衣類のカビ対策が特に必要となる、梅雨シーズンが間もなく到来。お気に入りの服にカビが生えてしまわないよう、洗濯から乾燥、保管に至るまでのカビ対策テクニックを洗濯ハカセが解説します。
家men





旅行先でも簡単に臭い対策できる洗濯テクニック


もっと欲をいえば、汚れが激しい下着類などは帰省先や旅行先で洗ってしまうのがオススメです。

とはいえ、帰省先だったら実家に洗濯機は必ずあると思うので問題なさそうですが、旅行先だと洗濯機が常備されている宿泊施設はほぼ皆無でしょう。


そんな時にオススメなのが、100円均一ショップなどにも売ってあるジッパー付きの圧縮袋


この中に、ホテル備え付けのボディソープを1プッシュとぬるま湯を混ぜて、肌着類を入れてカクテルを作るかのごとくシャッフルしましょう(3分程度で十分)。袋の中にピンポン球などを忍ばせると、靴下などの汚れがよく落ちるのでオススメです。


洗濯ハカセ,帰省旅行,家men

洗濯ハカセ,帰省旅行,家men


あとは、すすいで干すだけ。


ホテルなどは乾燥しやすい室内環境が多いので、一晩部屋干しすると案外乾ききっていることが多いのですごくオススメです。


洗濯ロープを持ち込んでホテルで部屋干しすると、下着類などの荷物量を減らせたりもするので、海外旅行などの際はぜひお試しください


帰省や旅行後の洗濯は、滞在中の工夫や帰宅後のひと手間によって仕上がりがガラリと変わります。


旅行中に着ていた洋服を洗ってもさっぱりせず、がっかりな気分で新しい年を過ごすことがないよう、今回ご紹介したひと工夫をぜひ試してくださいね。


「洗濯ハカセの洗濯と洗剤の新方程式」その他の記事はこちら>






 


「洗濯ハカセの洗濯と洗剤の新方程式」記事一覧ページ
洗濯ハカセこと神崎健輔さんによる錬士あ「洗濯ハカセの洗濯と洗剤の新方程式」記事一覧ページです。
家men





▼あわせて読みたい






 


汗をたっぷり吸い込んだ衣類のニオイ&シミを洗い落とそう!洗濯前の対処とは?
例年以上に猛暑が厳しいこの夏に必読の連載です。たっぷり汗を吸い込んだ衣類の汚れや嫌なニオイをキレイさっぱり落とすことができる洗濯のコツを、洗濯ハカセが解説してくれます。
家men










 


梅雨の時期も早くキレイに乾かしたい!部屋干しテクニック
雨の日に部屋干しすると漂ってくるイヤなニオイ…。そんな梅雨の時期につきまとう悩みのタネを解消できる部屋干しテクニックを洗濯ハカセが伝授! 最新の部屋干し実験結果から得られた「なるほど!」知識をぜひご参考ください。
家men










 


泥汚れがよく落ちるコツ!泥まみれの子ども服をキレイに洗う方法とは?
泥汚れの洗い方、困ったことはありませんか?実はただ洗っただけでは泥汚れはなかなか落ちないんです。そこで、しつこい泥汚れの洗い方を洗濯ハカセが紹介します。
家men