【フラワーバレンタイン】2月14日は花を贈ってみませんか?

【フラワーバレンタイン】2月14日は花を贈ってみませんか?

夫婦円満

2月のイベントといえば、そう、バレンタインデー。

男性なら既婚・未婚問わず「今年はチョコレートをもらえるかな」とついソワソワしてしまうのではないでしょうか。


日本ではバレンタインに女性から男性へチョコレートを渡すのが定番ですが、欧米では男女問わずお互いにプレゼントやメッセージカードで想いを伝え合うのが一般的。


そしてそのプレゼントとして、男性から女性へ花を贈る「フラワーバレンタイン」がポピュラーなのです


そこで皆さんにご提案です。


今年のバレンタインデーは日頃の感謝や愛情の印として男性から花をプレゼントし、パートナーを喜ばせてみませんか。


目次[非表示]

  1. 1.日本でもフラワーバレンタイン!男性が花を贈る習慣は年々浸透中
    1. 1.1.Q「過去1年以内に、プレゼントに花を買いましたか?」(単一回答:男性のみ)
    2. 1.2.Q「男性が花を贈る行為をどう思いますか?」(複数回答:女性のみ)
  2. 2.女性が喜ぶ!フラワーバレンタインの選び方
    1. 2.1.Q「好きな人やパートナーに花をプレゼントされるとしたら、欲しい花の種類はありますか?」(複数回答:女性のみ)
  3. 3.フラワーバレンタインのプレゼント
    1. 3.1.フラワーギフトの定番「花束」
    2. 3.2.完成された美のアートを贈る「フラワーアレンジメント」
    3. 3.3.12種類の愛情を込めた「ダズンフラワー」

日本でもフラワーバレンタイン!男性が花を贈る習慣は年々浸透中


そもそも花を贈るなんてキザで恥ずかしい…と思う方もいるかもしれませんが、一般社団法人 花の国日本協議会が行った調査(※)によると、女性へのプレゼントに花を贈る男性は増加傾向に


2014年と2017年を比べると、約3倍になったそうです。


Q「過去1年以内に、プレゼントに花を買いましたか?」(単一回答:男性のみ)


さらに、男性が花を贈る行為に対して女性がどう思っているか尋ねたところ、「素敵」「オシャレ」「一段とカッコよく見える」といったポジティブな回答が8割以上を占めたそうです。


一般的によく言われていることですが、やっぱり女性は花が大好き。なので男性の皆さん、安心してフラワーバレンタインを実践しましょう。


Q「男性が花を贈る行為をどう思いますか?」(複数回答:女性のみ)


▼あわせて読みたい






 


「いい夫婦の日」のプレゼントにオススメ!いつも言えない「ありがとう」をティータイムギフトに込めよう
11月22日の「いい夫婦の日」にパートナーへ贈るプレゼントとしてぜひオススメしたいのが、日常の合間にほっと一息つく“おうちティータイム”。女性が求めるリラックスタイムについての調査結果を交えながら、“おうちティータイム”の効果をご紹介します。
家men





女性が喜ぶ!フラワーバレンタインの選び方


フラワーバレンタインに興味が芽生えたけど、普段花を買う機会の少ない方だと、どんな花を贈ればいいか迷いますよね。


前述の調査で「好きな人やパートナーにプレゼントされたい花の種類」を尋ねたところ、ダントツのトップが「バラ」。次いで「どんな花でも嬉しい」「ガーベラ」「チューリップ」の順となりました。ぜひご参考ください。


Q「好きな人やパートナーに花をプレゼントされるとしたら、欲しい花の種類はありますか?」(複数回答:女性のみ)


▼あわせて読みたい

  「僕にとって結婚は“共同創業”であり、妻はCo-Founderなんです」Daddy's Talk 第5回・前編 高木新平さん(NEWPEACE代表) 各分野で目覚ましい活躍を遂げているパパたちの家庭生活に迫るインタビュー企画「Daddy's Talk」。今回は、NEWPEACEの代表取締役・高木新平さんへのインタビュー前編。日々多忙を極めながら家庭に全力でコミットする奮闘ぶりについて伺っていきます。 家men


フラワーバレンタインのプレゼント

花の種類を選ぶことができたら、あとはプレゼントする形を考えましょう。


フラワーギフトの定番「花束」

もう一度夫婦で恋しよう,バレンタイン,フラワーバレンタイン,花束,家men


どんなシチュエーションでも汎用的な渡し方といえば、花の種類・数・予算などを自由に選べる「花束」


花の組み合わせに迷ったら、フラワーショップの店員さんに「こんなイメージの花束を贈りたい」「季節感のある花を入れてほしい」と伝えて、希望に合ったオリジナル花束を作ってもらいましょう。


完成された美のアートを贈る「フラワーアレンジメント」

もう一度夫婦で恋しよう,バレンタイン,フラワーバレンタイン,フラワーアレンジメント,家men


選択の自由がある反面チョイスに困る花束に対して、すでに完成されているフラワーアレンジメントであれば、花選びに迷うことはありません。


そのまま飾れる鉢植えタイプもいいですが、アレンジメントされた花が箱の中にギッシリ飾られた「ボックスフラワー」だと、箱を開けた瞬間のサプライズも贈ることができますよ。


12種類の愛情を込めた「ダズンフラワー」

もう一度夫婦で恋しよう,バレンタイン,フラワーバレンタイン,ダズンフラワー,家men


12本=1ダース(ダズン)の花1本1本に、“感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠”という意味を込めた「ダズンフラワー」。


これらのすべてをあなたに誓います──という強い想いを花に託すことができ、フラワーバレンタインのプレゼントとして申し分ありません。


“世界で最も花が贈られる日”の2月14日に実践したい、フラワーバレンタインについてご紹介しました。


普段花を贈ることに慣れていなかったり、恥ずかしがり屋な方たちにとっては最初のハードルが高いかもしれませんが、花を贈られて喜ぶパートナーの顔を想像し、思いきってチャレンジしてはいかがでしょうか。


フラワーバレンタインという素敵な風習の力を借りて、今まで以上に夫婦仲をぜひ深めてください。


※一般社団法人 花の国協議会「第1回〜4回<花と恋愛の相関図>全国男女1,000人の 花贈り意識調査」

http://www.flower-valentine.com/news_release/


「もう一度夫婦で恋しよう」その他の記事はこちら>

  【連載】「もう一度夫婦で恋しよう」記事一覧|家men 家menの連載「もう一度夫婦で恋しよう」記事一覧ページです。夫婦関係を円満に保つコツや、夫婦コミュニケーションについてご紹介。 家men