あなたは貯金派?使う派?ボーナスに対する意識は男女でこんなに違う!

あなたは貯金派?使う派?ボーナスに対する意識は男女でこんなに違う!

マネー・保険

夏といえば、勤め先からボーナスを支給される方も多いのではないでしょうか。


そんなボーナスの嬉しくも悩ましい問題が、どのように使うかということ。堅実に貯蓄に回すか、あるいは買い物や夏のレジャーにパッと使うか…。


このたびオンライン総合旅行サービス「エアトリ」が、10代〜70代の男女796名を対象に「夏のボーナス」に関する調査を実施しました。みんなは夏のボーナスをどのくらい支給されているのか? また、どんな使い道が多いのか? 気になる結果をご紹介します。


■今年のボーナスは昨年と比べてどうですか?

就業中で「ボーナス制度がある」と答えた人に、今年のボーナスが昨年に比べどうだったのか聞いたところ、「増えた(増える予定)」(26.1%)が「減った(減る予定)」(14.6%)を上回る結果となりました。最も多い回答は「変わらない」(36.3%)となりました。


■ボーナスが入ったら贅沢をしますか?

さらに、ボーナスが入ったら贅沢をするかどうか聞いたところ、女性は「必ずする」(14.8%)「たまにする」(38.3%)という“する派”が過半数いたのに対し、男性は「全くしない」(18.4%)「ほとんどしない」(31.6%)と半数が“しない派”。男女で大きな差が出る結果となりました。


■ボーナスが入ったら誰のために使いますか?

ボーナスが入ったら誰のために使うか聞いたところ、女性はダントツで「自分」(63.7%)となり、男性と28.4ポイントの差が開きました。ちなみに男性で最も多かった回答は「家族全員」(43.6%)。また「パートナー」(男性:8.6%、女性:1.2%)という回答も男女で差が開き、意識が異なることが分かりました。


■ボーナスが入ったら何に使いますか?

ボーナスの使い道を聞いたところ、最も回答が多かったのは「旅行(41.7%)。次に「貯蓄」(21.4%)「ローン・借金返済」(9.7%)と続く結果となりました。  


■いつもより豪華な旅行をするとしたら、どこにお金を使いますか?

前問の回答項目を踏まえ、いつもより豪華な旅行をするとしたらどこにお金をかけるか聞いたところ、女性は「ホテル」(44.5%)が最も多かったのに対し、男性は「現地の食事」(36.4%)が最多。男女でお金をかけたいものに差があることが分かりました。


ボーナスに対する意識というのは、男女間で意外と差があるものなんですね。基本的に、男性は堅実志向、女性はご褒美志向といったところでしょうか。


もちろん家族の将来のための貯蓄や投資に回すのは大切ですが、ちょっとリッチな旅行・買い物・食事に使うことも「またこれから頑張ろう!」という明日へのエネルギー源になるはず。


ボーナスの使い道を夫婦で一度じっくり相談し、みんなにとって有効な使い道を考え合ってみてはいかがでしょうか。


【調査概要】
調査タイトル:「夏のボーナス」に関するアンケート調査
調査対象:  10代〜70代の男女796名
調査期間:2018年5月29日(火)〜6月1日(金)
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社エアトリ http://www.skygate.co.jp/