【3月に無償利用できる】臨時休校期間中の自宅学習を支援!ありがたいオンライン学習サービスのまとめ

【3月に無償利用できる】臨時休校期間中の自宅学習を支援!ありがたいオンライン学習サービスのまとめ

教育

目次[非表示]

  1. 幼児~小学生向け
    1. 通信教育サービス「まなびwith」
    2. ドリルの王様
    3. オンライン授業サービス「おうち de まなび舎」
    4. YAHOO!きっず おうち学校
    5. 思考力育成アプリ「シンクシンク」
  2. 小学生~中学生向け
    1. Gakken家庭学習応援サイト
    2. LEARN at HOMEプロジェクト
    3. 受験研究社の学習参考書・ドリル・辞書など
  3. 小学生~高校生向け
    1. 進研ゼミ
    2. Z会の通信教育
    3. かんき出版の学習参考書
    4. スマートレクチャー
    5. スタディサプリ
  4. 中学生・高校生向け
    1. 新型肺炎休校サポート LINEみらい財団
    2. 基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)
新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とする政府の要請を受け、3月上旬から全国の公立小学校・中学校・高等学校・特別支援学校が一斉臨時休校に入っています。
■文部科学省「新型コロナウイルス感染症対策のための小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校等における一斉臨時休業について」
https://www.mext.go.jp/content/202002228-mxt_kouhou01-000004520_1.pdf


休校中に最も気をつけるべきは「不要不急の外出を控えて家族がウイルスに感染しないこと」ですが、もう1つ親にとって大きな悩みごとがあります。それは、基本的に1日中家にいることになる子どもの過ごし方です。
特に、授業を受けられず学習がストップしてしまうと、子どもの学力が低下しないか心配…。

学校によっては休校中の学習課題を子どもたちに与えているところもあるようですが、継続的な学びの機会が減ってしまうのは避けられません。また、休校中の学習を“自主学習”など各家庭に一任された場合は、何をどうやって学ばせればいいか迷いますよね。

そこで今回は、臨時休校中の学習を特別に無償でサポートしてくれるオンライン学習サービスをご紹介します。

※各サービス様によって無償期間や対象は異なります。詳細は各サービス様の公式WEBサイトをご確認ください。

幼児~小学生向け

通信教育サービス「まなびwith」

(画像提供:株式会社小学館集英社プロダクション)

幼児から小学生まで一貫した通信教育を展開している「まなびwith(ウィズ)」。学校によって異なる教科書の枠を超え、未知の問題や正解のない課題に試行錯誤しながら「考えること」を楽しく実践できるオリジナル教材を揃えています。

休校に伴う自宅での家庭学習に活用できるよう、年少~小6コースの2019年度3月号教材(国語・算数のワークブックとその解答・解説)を、3月2日(月)~31日(火)までWEBサイトにて無料公開。3月号は学年の総復習がテーマ。PDFをダウンロードしプリントアウトするか、PC・スマホ・タブレットの画面を見ながらノートに解答するスタイルで取り組むことができます。

■URL
https://manabi-with.shopro.co.jp/manabico/freestudy/

ドリルの王様

(画像提供:株式会社 新興出版社啓林館)

子どもにとって苦手になりやすい分野を中心にラインナップした、新興出版社啓林館の小学生向け「ドリルの王様」シリーズ。その一部がホームページで無料公開され、ダウンロードできるようになっています。可愛いキャラクターと一緒に自宅学習できるので、子どもの学習意欲アップのきっかけに活用してはいかがでしょうか。

■URL
https://happylilac.net/syogaku.html

オンライン授業サービス「おうち de まなび舎」

(画像提供:tomonasu合同会社)

全国でいち早く新型コロナウイルスによる休校要請が出された北海道で立ち上がった期間限定のオンライン出前授業サービス。無料のオンライン授業を3月2日(月)~3月13日(金)の各日10:00~、11:00~、13:00~、14:00~、15:00~の5コマを実施する予定です。
※引き続き3月16日(月)~3月25日(水)も開講予定

授業の対象は幼稚園~小学校低学年とし、有志で参加する全世界の先生による多様な授業を選択できます。また授業内容は国語や算数などの学校で取り扱うものではなく、海外の暮らし、3Dプリンターの使い方、英語の歌・ダンスなど、子どもが家にいながら世界を広げることができる内容を目指しているそうです。

■URL
https://www.ouchidemanabiya.com/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000054769.html

YAHOO!きっず おうち学校

YAHOO!が提供している子ども向けポータルサイト「YAHOO!きっず」内に、小学生が自宅でも勉強ができるサイト「ヤフーきっず おうち学校」(PC版、スマートフォンブラウザ版)を3月2日(月)から開校。フィルタリングが施された子ども向け検索機能で宿題の内容について調べたり、動画や写真で教科を勉強したりできるコンテンツが提供されます。

また、「お仕事」や「料理」といった教科学習以外の授業や、家にこもりっきりな子どもが自宅でもできるストレッチなどを紹介する「運動」コンテンツも揃えています。
※提供終了日は未定

■URL
https://kids.yahoo.co.jp/study/ouchigakkou/

思考力育成アプリ「シンクシンク」

(画像提供:ワンダーラボ株式会社)

シンクシンクは、世界150カ国・100万ユーザーに利用されている5~10歳向けの知育アプリです。空間認識・平面認識・試行錯誤・論理・数的処理の5分野から構成された、思考力を育てる1回3分のミニゲーム形式教材を100種類・1万5000問収録しています。

3月1日(日)~31日(火)までの1カ月間、有料コースを含めたすべてのコンテンツが完全開放されることに。図形・パズル・迷路など、楽しみながら思考力を伸ばすことができるゲームばかりなので、安心して継続できそうですね。

■URL
https://think2app.hanamarulab.com/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000012970.html

小学生~中学生向け

Gakken家庭学習応援サイト

(画像提供:株式会社 学研ホールディングス)

学研ホールディングスは3月2日(月)から「家庭学習応援サイト」を立ち上げ、自社のオンライン学習教材を3月31日(火)まで無料公開します。利用できる主なコンテンツは、学習指導要領に対応した学年別のICT教材「ニューコース学習システム」、調べ学習に最適な「学研ニューワイド学習百科事典」。学習指導要領に対応した教材なので、受けられなくなった授業の内容もカバーしやすそう。

また、基礎からやさしく解説する学習教材「やさしくまるごと小学」シリーズ(小学生向け)と「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズ(中学生向け)の授業動画も閲覧できます。学習内容の習熟が遅れ気味な子どもにオススメです。

■URL
https://www.gakken.co.jp/homestudy-support/

LEARN at HOMEプロジェクト

(画像提供:株式会社増進堂・受験研究社)

増進堂・受験研究社では学習教材・学習環境「受験研究社バーチャルライブラリー」を期間限定で無料提供。同社が発行する小中学生用の参考書・問題集・ドリルを、3月31日(火)までウェブ上で閲覧可能にします。さらに、このプロジェクトに賛同する企業・団体とも連携し、幅広いサポートを順次提供予定です。

また、従来は参考書購入者の特典だったLINEサービス「自由自在先生」(小3〜6年対象)もあわせて無料提供。LINE上で知りたいキーワードを質問すると、学習参考書「自由自在」の該当ページが閲覧できます。

※最新情報は公式Twitter(@ZJ1890_official)にて発信していきます。
※各社が提供するサービスについては実施日前日の16時に情報公開します
※事情により短縮もしくは延長をすることがあります。また参画団体によってサービスの無償提供期間が異なることがあります

■URL
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000043401.html

受験研究社の学習参考書・ドリル・辞書など

(画像提供:株式会社増進堂・受験研究社)

前述の「LEARN at HOMEプロジェクト」の一環として、ベストセラー参考書「自由自在」でお馴染みの受験研究社が、小・中学生の自宅学習に適した学習教材約40冊を受験研究社Virtual Libraryにて3月31日(火)まで無料公開。新指導要領に対応した「自由自在」、学年の復習が一冊でできる人気の問題集「全科の復習テスト」、さらに辞書や用語集も利用できます。

■URL(「LEARN at HOMEプロジェクト」登録ページ)
https://at-home.zoshindo.co.jp/
57 件