【お風呂場のカビ対策】梅雨シーズンは要注意!風呂場のカビ対策になる習慣と掃除方法(天井・壁・ゴムパッキン)

【お風呂場のカビ対策】梅雨シーズンは要注意!風呂場のカビ対策になる習慣と掃除方法(天井・壁・ゴムパッキン)

掃除

目次[非表示]

  1. そもそも、カビって何?
  2. 風呂カビの予防につながる日頃の習慣
    1. 窓、換気扇を駆使した「換気」
    2. 物の置き方に工夫した「乾燥」
    3. カビの胞子を見過ごさない「掃除」
  3. 生えてしまったカビの正しい落とし方
    1. ①【天井】消毒用エタノールで拭く
    2. ②【壁面】広域は塩化ベンザルコニウムで拭く
    3. ③壁面タイル目地にカビが生えた場合
    4. ④ゴムパッキン、エラストマー樹脂部分に生えた黒カビの処遇
    5. ⑤美容小物、子どものおもちゃに生えたカビ
    6. ⑥ピンクやオレンジのヌメヌメはカビではない
毎日の暮らしの「困った!」に役立つ技やコツをご紹介する連載「目指せ我が家のHERO!家族を助ける特技を作る」。今回は、風呂掃除担当のパパ必読のテーマ! 高温多湿となる梅雨から夏にかけて発生しやすくなる「風呂場のカビ対策」を、家事・掃除アドバイザーの藤原千秋さんに解説していただきます。

そもそも、カビって何?

ウイルスや細菌と並んで病気の原因になりうる微生物であるカビは、キノコや酵母と同じ「真菌」類に分類される真核生物です。もしかすると「真菌」という言葉からカビも細菌の一種だと思っている方がいるかもしれませんが、細菌とカビとはまったく異なりますので、注意してください。

カビは外部から栄養を摂取して生きていきます。基本的には動植物の遺体など含めた有機物を分解するのですが、無機物や鉱物も栄養源とすることがあります。またこの栄養源には、生きた植物や動物、人間の皮膚や体内も含まれます。

カビが育つためには、一定の環境と一定の時間が必要です。一定の環境とは「温度、栄養、酸素、水分」を指します。基本的に30度前後の温度、あらゆる有機物から無機物、酸素、おおむね65%以上の湿度、というのがカビの快適環境なのですが、これはほとんど私たち自身の快適な生活環境条件と合致してしまうことに注目したいところです。つまり私たちの生活するところ、ほとんどすべてにカビは生えうるのだということです。

風呂カビの予防につながる日頃の習慣

このカビの胞子一つ一つは5マイクロメートル程度の大きさしかなく、目で見て「ある」とわかることはできません。胞子は知らず知らず、私たちの生活環境中に存在しています。今あるこの部屋の空気中にも、当たり前に飛んだり漂ったりしています。

そういった胞子が、風呂場のような、住まいの中でも特に水分の多い好条件下に舞い降りるや、そこで増殖し始めてしまうわけです。果たしてそれをどうしたら阻むことができるのでしょう? そのためには「予防」に特化した、以下に述べるような「習慣」がものをいうことになります。すでにできているか、確認してみてください。

窓、換気扇を駆使した「換気」

非常にシンプルな方法ではありますが、空気中に漂ってしまっている胞子を家の外に追い出すのに「換気」というのは非常に合理的かつ効果的な方法です。湿気(水分)を追い出したり、乾燥させたりする上でも換気は役立ちます。逆に言えば、換気をしないということは、「濃いカビ胞子がひとところに留まり続ける」「カビを発育させるに足る湿気、水分を長くとどめてしまう」という意味で非常に高リスクであるということになります。

換気には、新鮮な空気の入口と、速やかに排出する出口が必要です。新鮮な空気の入口となる窓を開けながら、排出する出口となる換気扇を使って、なるべく24時間住まいの中の空気が入れ替わり続けている状態が理想です。風呂場においても24時間換気扇を止めないようにするのが肝要です。

物の置き方に工夫した「乾燥」

こと風呂場内でカビの生えるポイントというのは幾つかあるのですが、シャンプー、リンス、ボディーソープ、風呂椅子、洗面器などといった「風呂場に置かれている物」の周りに水分はとどまりやすく、そこにカビが見られることがとても多いのです。

吊るせる物は吊るして乾燥しやすくする、浮かせる、物と物の間の空間を開ける、物の数そのものを減らす、といった「物」に着目した乾燥を試みましょう。また置かれている物がすでにカビに侵されている場合はそこがカビの震源地になっています。すぐに洗浄消毒しましょう。

カビの胞子を見過ごさない「掃除」

先ほど「カビが育つためには、一定の環境と一定の時間が必要です」と書きましたが、胞子が発芽して育つまでに「掃除」で除去してしまえば、見えるまで殖えることもありません。

「見えないカビ胞子を見えないうちに洗い流してしまう」という意味で、通常行っているような風呂場の掃除は、それだけでも大きな「カビ対策」になりえるというわけです。
36 件