【ダッチオーブンのススメ】家でもアウトドアでも活躍する万能道具!憧れのダッチオーブンを極める(使い方・注意点)

【ダッチオーブンのススメ】家でもアウトドアでも活躍する万能道具!憧れのダッチオーブンを極める(使い方・注意点)

料理

目次[非表示]

  1. ダッチオーブンとは?
  2. ダッチオーブンで可能な調理
    1. 焼く
    2. 煮る
    3. 炒める
    4. 揚げる
    5. 燻す
  3. ダッチオーブンを使う時の注意点
    1. 使用前にシーズニングをする
    2. 調理後の片付けを適切に
    3. ダッチオーブンを落とさない
アウトドアの回数を重ねてキャンプ料理に慣れてくると、ただ網で食材をジュージュー焼くだけでなく、もっと凝った料理にチャレンジしたくなるもの。

そうした方たちがたどり着く調理道具といえば、そう、ダッチオーブンです。



以前、家menの記事でご紹介したソトレシピ総研による「キャンプ料理トレンド調査2019」でも、ダッチオーブンが「今年買おうと思っているキャンプ道具」の1位に堂々輝いていました。
そこで今回は、そろそろ買おうかなと興味がある方はもちろん、まだその魅力を知らない方のためにも、ダッチオーブンの特長や使い方をご紹介します。

ダッチオーブンとは?

ダッチオーブンとは、もともとアメリカで使われていた鉄製の調理道具。

分厚い鉄で出来ていて食材に熱を伝えやすいという特長があり、圧力鍋のようにぴったりと蓋を閉じることができるため、焼く・煮る・蒸すなどさまざまな料理に使用することができます。



また、蓋に縁(ふち)が付いているのも大きな特長。蓋に木炭を乗せて熱を加えることで上下から加熱でき、これ単独でオーブン料理を作ることも可能なのです。
そんなダッチオーブンを使った料理の最大のメリットは、何と言っても抜群の熱効率によって中の食材にしっかり熱を加えられること。

煮込み料理の肉も野菜も柔らかくなって味は濃厚、そしてステーキ肉やローストチキンも中まで均一に火が通ってふっくら…などなど、普通の調理道具で作るよりもワンランク上の料理を堪能できます。



また、メニューやその調理法にもよりますが、基本的に材料さえ入れればあとはダッチオーブンがおいしく仕上げてくれます。

つまり、あまり手の込んだ料理が得意でないパパでも、ダッチオーブンがあれば家族が「おいしい!」と喜ぶ料理を簡単に作れるのです。



そんな万能選手であり性能にも優れたダッチオーブンを、年に数回のアウトドアだけでしか使わないのはもったいない! 自宅のキッチンコンロの火力で十分調理できるので、ダッチオーブンならではの絶品料理をぜひ家庭でも振る舞ってください。

※自宅のコンロがIHの場合はIH対応ダッチオーブンを使用してください

ダッチオーブンで可能な調理

焼く

ダッチオーブン料理の定番かつ入門編。

ちょっと焦げ目のついた丸鶏のローストチキンなんて焼いたら、キャンプの食事がパーティー気分で盛り上がること間違いなし!

煮る

材料を全部入れて火にかけるだけの煮込み料理もダッチオーブン料理初心者にオススメ。

カレーやポトフなど、長時間煮込むことで旨味が増す料理とダッチオーブンは相性抜群です。パエリアやアクアパッツァも作れますよ。

炒める

肉や野菜を鍋の部分で炒めるシンプルな調理もダッチオーブンの守備範囲。

蓋がいらない炒め料理の間に、蓋を裏返してフライパンとして使い、目玉焼きなど別の料理を作ることも可能です。

揚げる

鶏のから揚げなど自宅ではちょっと面倒な揚げ物も、汚れが気にならないアウトドアでぜひチャレンジしたい料理。

ダッチオーブンならではのジューシーな仕上がりはクセになること間違いなし!

燻す

ちょっとコツが必要ですが、ダッチオーブンでも燻製を作ることができます。

ソーセージやスモークチーズなど、短時間火にかける「熱燻」がオススメです。

ダッチオーブンを使う時の注意点

使用前にシーズニングをする

シーズニングとは、出荷前のダッチオーブンに塗られているさび止めオイルを洗い落とし、さらに鋳物の表面に油を染み込ませてコーティングすること。ちょっと手間がかかりますが、使い始めの慣らし作業として不可欠です。

なお最近はシーズニング済で販売されているダッチオーブンもあるので、面倒な方はそうしたタイプを購入するといいですよ。

調理後の片付けを適切に

使い終わったダッチオーブンを家庭の調理道具と同じように洗剤で洗うと、せっかくシーズニングで表面に付けた油の膜がなくなってしまいます。

まずはダッチオーブンでお湯を沸かしながら汚れを浮かせ、タワシなどで優しく洗ってください。洗い終わったら水気をふき取り、火にかけて水分をなくしてから再び油を塗れば完了です。

ダッチオーブンを落とさない

頑丈そうに見えるダッチオーブンですが、コンクリートの上に落とすと変形したり割れてしまうことがあります。

中に食材が入った状態だとさらに重くなるので、持ち運びだけでなく調理中も十分ご注意ください。
マルチに活用できて料理の失敗が少ないダッチオーブンが1つあるだけで、キャンプ料理の幅は一気に広がります。

シーズニングや片付けの手順に慣れたら基本的に使い方は簡単なので、ぜひアウトドアでも家庭でもダッチオーブンをフル活用し、普通の鍋や網では味わえない絶品料理を家族みんなで楽しんでください。