旬な【アスパラガス】をもっと美味しく!八百屋が教えるアスパラガスの豆知識(選び方・保存方法・レシピ)

旬な【アスパラガス】をもっと美味しく!八百屋が教えるアスパラガスの豆知識(選び方・保存方法・レシピ)

料理

目次[非表示]

  1. アスパラガスは「野菜の女王」!
  2. 旬は年に2回!春のアスパラガスは一年かけて育ちます
  3. アスパラガスの選び方
  4. アスパラガスのオススメの食べ方:料理はもちろん、生でも!
    1. アスパラ半生ロースト
    2. アスパラベーコン巻き
※この記事は2019年5月に公開されたものを再編集・再公開しています
こんにちは。旬八青果店バイヤーの松根です。

緑が気持ち良い季節になってきましたね。

野菜たちも夏に向けての沢山の太陽を浴びながらスクスク育っています!
さて、国内産は3月から始まり、4~5月と夏に向けてたくさん出荷されているアスパラガス。今が本当に美味しい時期ですよね。

今月はそんなアスパラについてお話しさせていただきます!

アスパラガスは「野菜の女王」!

さて、近年日本でも多くの場所で栽培され、食卓でも定番になってきたアスパラですが、実はヨーロッパ・ロシアが原産。日本より冬は昼の時間が短く寒さが厳しいゆえに、昔は冬場に生の野菜を食べられることが少なかったそう。

そんな中、春の訪れと共に最初に生で食べられるお野菜がアスパラだったため、春のアスパラは大人気! アスパラが顔を出し始めると「もうすく太陽の季節がやってくる!」とワクワクしていたようです。

アスパラは冬場に貯めた甘味と旨味がぎゅっと詰まっているため、ヨーロッパでは「野菜の女王」とまで言われているそう。日本で言う筍や蕗の薹のように、春を告げる山菜にあたる存在のようです。

旬は年に2回!春のアスパラガスは一年かけて育ちます

そんな「野菜の女王」アスパラが日本に来たのはなんと江戸時代。

当時は観賞用として楽しまれていたそう。そこからしばらくして日本でも本格的に栽培が始まり、今では春と夏の年に2回それぞれの旬を迎えます

その中でも春のアスパラはじっくり一年をかけて育ったもの。
夏にしっかり光合成を行い、春に向けての養分を貯める。冬にゆっくり休んで春に備えることで、暖かくなる春に一気に芽を出すのが「春のアスパラ」。

春と夏の間に大きく葉を伸ばし、太陽と水の力で大きくなるのが「夏のアスパラ」と呼ばれています。

一年かけて旨味を貯めた春のアスパラは旨味がぎゅっと詰まっています。

春野菜らしいほんの少しのほろ苦さと旨味と甘味、アスパラだけの力で育った力強い味は春のアスパラならでは。ぜひ、ここぞとばかりに食べてみてください!
25 件