睡眠中や添い乳にもリスクが!赤ちゃんを窒息死から守るには?

睡眠中や添い乳にもリスクが!赤ちゃんを窒息死から守るには?

育児

目次[非表示]

  1. 赤ちゃんの睡眠中の窒息事故の内訳
  2. 赤ちゃんの窒息要因と、安全な睡眠環境づくり
    1. ①やわらかい寝具
    2. ②大人のベッド
    3. ③ベッドガード
    4. ④ソファやクッション
  3. 赤ちゃんの窒息を防ぐ、添い乳との付き合い方
子どもが産まれると、世界で1番大切なものが増えます。そしてそれは家族にとって、どんなことがあっても絶対に守りたいものですよね。

しかしながら、悲しい事故は起きています。平成28年の消費者庁の発表によると、平成22年から平成26年までの5年間で、0歳児の就寝時の窒息死事故が160件確認されています(※)。

同じような悲しい事故を起こさないために、私たちがこれらの事例から学ぶべきことはどんなことなのでしょうか。安全な睡眠環境の整備の重要性についての啓蒙活動も行なっている、乳幼児睡眠の専門家の視点から解説していきます。
※消費者庁「0歳児の就寝時の窒息死に御注意ください!-家庭内で、就寝時に窒息死事故が多数発生しています-」

赤ちゃんの睡眠中の窒息事故の内訳

0歳児の就寝時の窒息死事故が5年間で160件としましたが、その内訳の件数は下記のようになっています。

・顔がマットレスなどに埋まる 33件
・掛け布団等の寝具が顔を覆う・首に巻きつく 17件
・ベッドと壁の隙間などに挟まれる 13件
・ベッドからの転落に起因する窒息 7件
・家族の身体の一部で圧迫される 5件
・ベッド上の衣類やクッション等で顔を覆われる 4件
・その他、詳細不明 81件


「顔がマットレスなどに埋まる」「掛け布団等の寝具が顔を覆う・首に巻きつく」「ベッドと壁の隙間などに挟まれる」「ベッドからの転落に起因する窒息」「ベッド上の衣類やクッション等で顔を覆われる」これらはいずれも睡眠環境の安全性に原因があると考えられます。また、「家族の身体の一部で圧迫される」については添い乳が原因であることが考えられ、一緒に寝込まないようにとの注意喚起がされています。

そうは言っても、家庭の事情や毎日の育児に疲れている現状から注意してもしきれない部分もあるのではないでしょうか。だからこそ、事前にできる環境整備、そして日頃からの寝かしつけ方法変更の練習が大切になってくるのです。

赤ちゃんの窒息要因と、安全な睡眠環境づくり

窒息の要因になる睡眠環境とは主に以下が挙げられます。

①やわらかい寝具
②大人のベッド
③ベッドガード
④ソファやクッション


それぞれがどのように窒息につながる可能性があるのか、1つずつご説明していきます。

①やわらかい寝具

やわらかいマットレスや布団、毛布やブランケット、掛け布団、枕などはすべて窒息のリスクになります。赤ちゃんが寝返りをうったり、反射でビクッとした拍子にうっかりうつ伏せになってしまったりしたときに、それらのやわらかい寝具が顔の下に入ってしまうと鼻や口を塞いで呼吸を妨げてしまうためです。仰向けに寝ていても、顔にかかってしまった布団を払いのける力がなければ同様に危険です。

事故の内訳にも書かれていた、掛け布団等の寝具が顔を覆ったり首に巻きついたりしてしまった件に関しても、そこに掛け布団がなければ起こりません。赤ちゃんの寝床にはやわらかいものを置かないようにしましょう。

掛け布団や毛布の代わりの防寒対策としては、スリーパーやスリーピングバッグを活用するのがおすすめです。

②大人のベッド

大人のベッドはさまざまな意味合いから赤ちゃんにとって危険な環境です。まず、マットレスのやわらかさ。赤ちゃんのために作られているマットレスではないため、顔が埋まってしまう危険性があります。さらに、大人と一緒に寝ることで、赤ちゃん自身は掛け布団をしていなくとも、大人の掛け布団がかかってしまう可能性があります。

また、大人のベッドにはベビーベッドのような柵がないので、転落のリスクもあります。実際の事故の事例としても、大人のベッドから転落したことによって壁との隙間に挟まって亡くなってしまった事例もあります。良かれと思って壁との隙間に毛布やクッションを詰めていたがゆえに、それらに鼻や口を塞がれてしまった例もあります。

大人のベッドの中で赤ちゃんのスペースを区切るためにベッドインベッドを使用されている方もいらっしゃいますが、寝返りを打てばそのベッドインベッドから転がり出てしまう可能性もあります。そうなれば同じくリスクがあるだけでなく、ベッドインベッドそのものが窒息のリスクになってしまうのです。

ですから、大人のベッドに赤ちゃんを寝かせるのは安全のためにやめましょう。大人のベッドと接続しているタイプのベビーベッドも、赤ちゃん自身が移動できれば大人のベッドに寝ているのと同様のリスクなので注意が必要です。

③ベッドガード

大人のベッドに子どもを寝かせる際、転落を防止するためにベッドガードをつけている方も多くみられますが、こちらも事故事例があります。ベッドガードとマットレスの間に隙間が空いてしまっていて、赤ちゃんの顔がその隙間に挟まってしまったというケースです。

ベッドガードの使用は、一般財団法人製品安全協会が定めた製品安全基準(SG基準)で1歳半からと決まりがありますので、それ以前の使用は絶対に避けましょう。SNSなどでは安全対策としてベッドガードを使用している部屋を紹介しているコンテンツも多くみられますが、情報の取捨選択には注意が必要です。

④ソファやクッション

お昼寝などでよくみられるケースですが、ソファやクッションで寝かせるのは転落、そして鼻や口がふさがってしまう窒息リスクがあります。SNSなどではふわふわとしたビーズクッションの上や授乳クッション、枕で囲んだ中などに置くと安心してよく寝てくれるという投稿もされていたりしますが、③同様に情報の取捨選択には注意が必要です。

もともとソファやクッションなどは“寝る場所”ではないので、寝かせるときはベッドや布団などの寝るための場所を選びましょう。包まれている安心感が必要なら、おくるみやおくるみパジャマなどを活用するのも良いでしょう。

赤ちゃんの窒息を防ぐ、添い乳との付き合い方

添い乳をしたまま寝てしまい、気づいたら自分の下に赤ちゃんがいて亡くなってしまったという悲しい事故。当事者のママが「私が殺してしまった…」と話している記事(※)も見られ、なんと表現すればよいかわからないほどの悲しい気持ちに襲われます。
※NHK「“添い乳”で赤ちゃん窒息死相次ぐ 授乳に注意」

しかし、添い乳の危険性がわかっていたとしても、体力も気力もギリギリのところで育児しているママにとって、添い乳はありがたく便利な手段であることは間違いありません。「危険があると分かっていても、それでも添い乳しなければ寝かせることができない…」という状況に追い込まれている方も多くいらっしゃいます。

一つの解決法は、パパが夜間授乳をミルクで代わることです。夜中に起きて赤ちゃんのお世話をすることは眠気もあって大変なことですが、だからこそパパの出番! 仕事の都合などで毎日一緒に起きることが難しいなら、たとえば曜日で交代制にしてパパが夜番の日を作るなどしてみると、ママも休む間ができます。

ママにとって「今すぐ、添い乳やめましょう!」というのは難しいですよね。毎日添い乳で寝かしつけしていて、それが当たり前だと赤ちゃん側も思っています。それを急に「今日から自分で寝なさい!」というのは難しいことです。

しかし本来は、“飲む”ことと“寝る”ことは別行為です。飲まなくても、眠ることはできます。いまは赤ちゃんが「寝るときは飲むものだ」と覚えてしまっているから、飲まないと寝られなくなっているのです。だからこそ、そのクセを取ってあげるのが解決策になります。

まずは就寝ルーティーンの順番を変更して、就寝の直前が授乳にならないようにしましょう。授乳と就寝の間に絵本を読んだり、お話をしたり、何か別の行為を挟むことで、授乳と就寝を切り分けるのです。そうして少しずつ“飲みながらでなく寝る練習”をしていくことで、赤ちゃんは「飲まなくても寝られるのか」と学習していくことにつながります。

練習する少しの間は「いやだ!いつも通り飲ませて寝かせて!」と泣くかもしれませんが、赤ちゃんは適応力の塊。飲み終わってから寝なければいけない環境に置かれれば、それに適応していくことができます。赤ちゃんの力を信じてあげてくださいね。

悲しい事故が、そして悲しむ家族が、1つでも少なくなりますように。どうかこの記事をお役立てください。

あわせて読みたい

すぐ寝る、よく寝る赤ちゃんの本 | ねんねママ(和氣春花) |本 | 通販 | Amazon

¥1,540

ねんねママ(和氣春花)のすぐ寝る、よく寝る赤ちゃんの本。アマゾンならポイント還元本が多数。ねんねママ(和氣春花)作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。