よく寝る赤ちゃんになってもらうために、親がやるべき8つのこと

よく寝る赤ちゃんになってもらうために、親がやるべき8つのこと

育児

目次[非表示]

  1. ①月齢ごとのおおよその生活スケジュールを理解する
  2. ②寝やすい環境を整える
    1. 1. 安全性
    2. 2. 光環境
    3. 3. 温度
  3. ③ルーティーンをつくる
  4. ④寝る前はとにかくリラックス
  5. ⑤寝床を認識させる
  6. ⑥自分で寝つく練習をさせる
  7. ⑦泣いてもすぐに反応しない/手を出し過ぎない
  8. ⑧過度な期待はしないこと:赤ちゃんそれぞれの成長度合い・ペースを意識
赤ちゃんが生まれて喜び安心したのも束の間。襲ってくるのが睡眠不足の悩み。赤ちゃんがなかなか寝てくれない、夜中に何度も起きる、なんとか寝かせてもちょっとの刺激で起きてしまう…など悩みは尽きないですよね。

そんな悩みを少しでも早く解決するべく、よく寝るねんね上手な赤ちゃんになってもらうために心がけたいことを8つ、ねんねママこと赤ちゃん睡眠コンサルタントの和氣春花さんが紹介していきます。

①月齢ごとのおおよその生活スケジュールを理解する

誰もが一度は赤ちゃんだった経験があるものの、その頃自分がどんな生活をしていて、どのくらいの時間が経つと眠くなっていたかなんて、記憶している方はなかなかいないでしょう。

赤ちゃんは大人と違って長い時間起き続けることができないので、お昼寝をとる必要があります。ですが、特に初めての育児だと「どのくらい起きていたら眠くなるのだろう?」「この泣いているのは眠いのだろうか?それともつまらなかったり、どこか痛かったりかゆかったりするのだろうか?」とわからないことも多いですよね。

そこで大切なのが、月齢ごとのおおよその生活スケジュールを理解しておくことです。以下は月齢ごとの寝かしつけまでの時間の目安を示した表です。
非常に多い誤解が「疲れさせれば寝る」という考え。もちろん、疲れていなければ寝ることができないのですが、驚くことに赤ちゃんは「疲れすぎ」「眠すぎ」になると反対に寝られなくなってしまうのです

上記の表はあくまで目安で個人差はあるものですが、一つの参考にして、疲れすぎてしまわないように寝かしつけを意識してみてください。

②寝やすい環境を整える

1. 安全性

寝やすさに安全って関係あるの?と思われるかもしれませんが、赤ちゃんからしても「落下するかもしれない…こわい…」という場所では眠りづらいですよね。何より大人側が不安に感じてしまうので、ついつい手を出しやすくなってしまいます。

自分で寝られるようになるためには、いかに手を出さずに寝る練習をするかが大事です。そのため、手を出さなくても安全な環境を整えてあげることは重要です。

<安全のためのポイント例>
・できればベビーベッドを使用すること
最も安全な寝床はベビーベッドです。赤ちゃん専用に作られた場所で、柵もあるので転落する心配もありませんし、親との接触で刺激したり起こしてしまったりする心配もありません。大人と布団を並べて寝る場合は、大人の布団がかかったり、布団と布団の隙間に顔が埋まらないように少し隙間をあけるなど注意してあげましょう。

・ソファや大人のベッドには寝かせない
転落や窒息の危険があるためです。一時的に置く場合は目を離さないように注意しましょう。

・やわらかいものは寝床に入れないこと
お人形や枕など、かわいくて入れてしまいがちですが、寝るための場所はシンプルにしましょう。窒息の原因になりかねないやわらかいものや、寝ようとしたときに気になるおもちゃなど置かないようにしましょう。

2. 光環境

光は睡眠と深い関係があります。人は明るい時に起きて、暗い時に眠るように体ができているので、光を浴びると眠りづらくなります。そのため、大事なのは寝る時は遮光をすることです。

朝、光を浴びて目覚めるのはとても良いことですが、一方で特に夏は日が昇るのが早く、まだ起きてほしくない時間に起きてしまうことが増えます。これを防ぐには遮光がとても大事です。遮光カーテンを使用し、隙間からの光漏れに反応する場合はマジックテープやタオルなどを活用して隙間も埋めましょう。

3. 温度

エアコンやヒーターなどを使って室温を適温に保つのが大切です。赤ちゃんは体温調節が下手なので、特に暑さは危険につながります。20〜22℃を目安に、冬はもう少し低めに、夏はもう少し高めに、服装にあわせて調節しましょう

夏に26℃程度の場合は肌着だけでもOK。冬も18℃程度の場合は肌着に長袖パジャマにフリースなどあたたかめのスリーパー程度で十分です。大人が少し涼しすぎると感じるくらいでちょうど良いので、着せすぎや暑すぎには注意してみましょう。

③ルーティーンをつくる

赤ちゃんは「いつも同じ」であることに安心感を覚えるので、就寝前のルーティーンを統一することを心がけましょう。

「お風呂からあがる→スキンケア→授乳→絵本→電気を消す」などの流れで構いません。特別なことをする必要はなく、無理なく続けやすいルーティーンをいつも同じ流れで行うようにしましょう。そうすることによって赤ちゃん自身が「この後はねんねだな」と次の行動を予測することができ、安心して眠りへの準備をすることができます。

普段ママが寝かしつけをしていて、急にパパが寝かしつけ担当になると泣いてしまうこともあるかと思いますが、このルーティーンをママと同じようにするだけでも安心して落ち着かせられる効果があるので、試してみてください。

>>次ページ「④寝る前はとにかくリラックス」

すぐ寝る、よく寝る赤ちゃんの本 | ねんねママ(和氣春花) |本 | 通販

¥1,540

Amazonでねんねママ(和氣春花)のすぐ寝る、よく寝る赤ちゃんの本。アマゾンならポイント還元本が多数。ねんねママ(和氣春花)作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

40 件