おうちに居ながら旅行!?オンラインのバスツアーってどんなの?パパ友と編集部が体験!

おうちに居ながら旅行!?オンラインのバスツアーってどんなの?パパ友と編集部が体験!

おでかけ

目次[非表示]

  1. 出席確認&いざ、さっかんオンラインバスに乗車!
  2. 「いただきますライブ」が特徴:北の大地の水族館(山の水族館)
  3. 世界唯一!?自然の川・千歳川を覗ける水族館:サケのふるさと 千歳水族館
  4. ユニークかつ生き物には最高の環境:おたる水族館
  5. 最後はみんなで記念撮影!
  6. 家menパパ友からも体験コメントが届きました!
コロナ禍でなかなか遠出がしづらい日々が続き、旅行したい欲が高まっているパパママやお子さんも多いのではないでしょうか。
そんな中、自宅から旅行に参加できる「オンラインツアー」が今、話題になっています。

準備なしで気軽に参加でき、移動時間を考えなくていいため通常のツアーでは回り切れない観光スポットも1日で堪能できるのが魅力。さらには、お土産もついてくるツアーもあるのだとか。

今回、パパ友とそのご家族、そして家men編集部がオンラインのバスツアーに参加してきました!「オンラインのツアーってどんな感じなんだろう」という方、ぜひチェックしてみてくださいね!
今回体験したオンラインバスツアーはこちら!
札幌観光バス株式会社(通称さっかん)
夏休み特別企画!オンラインで学ぶ水族館の生き物たちと舞台裏
北海道の個性的な水族館「おたる水族館」「サケのふるさと千歳水族館」「北の大地の水族館」を半日で3箇所巡ります。この3か所は300kmも離れているとのことで、一度に回れるのはオンラインツアーだからこそ。
さらに、普段は見られないバックヤードも覗けるという、お子様や水族館好きにはたまらないツアー。

さらに、ツアー前にはお土産もついてきます!(旅行日前に参加者自宅へ送付)
・サケのふるさと 千歳水族館から「サケのペーパークラフト」
・おたる水族館から「タオルハンカチ」
・北の大地の水族館(山の水族館)から「ハッカ油バスソルト」

タオルハンカチは参加者さんごとに違う柄が届いているそう。(写真は参加したパパ友さん提供)

出席確認&いざ、さっかんオンラインバスに乗車!

今回のオンラインバスツアーはZoomにて行われました。

まずは出発前にバスガイド丹野さんよりZoomの使い方の説明や自己紹介、事前に届いているお土産品の確認や行程の説明。

ガイドの丹野さんよりご挨拶。お土産品のペーパークラフトのサケ男も一緒にツアーに参加しました

そして、オンラインバスツアーの参加者さんたちの自己紹介タイム。
お子さんは元気にお名前などや意気込みを、そして大人の方は「水族館が好きで参加しました!」といった熱い思いを話されていました。オンラインのツアーだと参加者同士の交流などはできないのかな?と思っていたのですが、自己紹介タイムがあったことで雰囲気も和やかに。
■行程■
2021年8月7日(土)
・15:00 集合
・北の大地の水族館(山の水族館)
・サケのふるさと 千歳水族館
・5分 トイレ休憩
・おたる水族館
・17:20 札幌にて解散

それでは、バスに乗り出発!

「いただきますライブ」が特徴:北の大地の水族館(山の水族館)

まずは、山間にある淡水魚専門の水族館、北の大地の水族館(山の水族館)。この日は新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館中とのことで、特別に貸し切りで館長の山内さんに案内していただきました!

館内に入ってまず紹介されたのは、滝壺水槽。泳いでいたオショロコマ(イワナの仲間)は北海道でしか見られないお魚とのこと。

滝壺の下でご飯を食べているオショロコマ。天敵から身を守るために滝壺の下に集まるのだそう。

オショロコマ。オンラインでもはっきり綺麗さが伝わります…!

館内の解説板

ほかにも、春夏秋冬を再現した四季の水槽では、ニジマスが泳いでいる様子を観察できました。また、館内は解説板も充実していて、館長さんが解説を読みながら、参加者とZoomをつなぎその場ですぐに質問に答えてくれるなど、実際に現地にいてはなかなかできない経験も。

また、この北の大地の水族館では、イトウにご飯をあげる「いただきますライブ」が特徴とのことで、今回のツアーでも特別に実施していただきました!

左がイトウの赤ちゃん。10年後にはこのサイズに

この「いただきますライブ」は、命に感謝して、生きているニジマスを水槽に放流してイトウに食事を与えるという迫力あるイベント。よくある水族館での食事を与えるパフォーマンスは人工のエサが定番ですが、ニジマスをそのままあげるそう。
ちなみに、イトウたちも夏バテ気味でいつもより食欲は少なかったようでした。けれども、生きているニジマスを一口でがばっと食べるイトウは迫力満点。自然に近い形での様子が見学できました。

いただきますライブ。上の魚の群れがエサのニジマス。一度に全部は食べずに残りは当分一緒の水槽で生活をする

55 件