大掃除を効率的に進める!スケジュールとリストの作り方

大掃除を効率的に進める!スケジュールとリストの作り方

掃除

目次[非表示]

  1. 大掃除の全体スケジュールを立てる
    1. ① 年内の各種ゴミ収集日、特に最終収集日をチェックする
    2. ② 在宅可能日の洗い出し、天候不順の可能性も考慮して大掃除候補日を決める
    3. ③ 必要な掃除道具、洗剤の購入も大掃除の予定に入れる
    4. ④ 掃除に取りかかれる家族、人数を把握しておく
  2. 大掃除場所リストを作る
    1. ① 気になる箇所・内容を列挙する
    2. ② 優先順位を振っていく
    3. ③ 優先順位の高い箇所からカテゴリ分け。スケジュールに割り振っていく
  3. 限られた時間で大掃除を終わらせるためのスケジュールづくりをする
    1. ① 1日=3時間と心得る
    2. ② つけおき、洗濯、ほったらかしにも時間がかかる前提で
  4. 家の中を掃除していく理想的な順番とは
    1. ① ゴミがたくさん発生しそうな箇所は最初のうちに掃除する
    2. ② 人目に触れにくいところも先に掃除しておく
    3. ③ 掃除をしてもすぐ汚れてしまう箇所は、初めと終わりに2回掃除する
    4. ④ 来客などに見られやすい箇所も2回掃除できるとベター
    5. ⑤ “勢いづける場所”を最初に持ってくるという方法もある

藤原千秋(家事・掃除アドバイザー)

年末年始に避けては通れないのが大掃除。でも、家の中にはキレイにしなければいけない場所がありすぎて「何から始めたらいいか」と気が遠くなりそうですね。

そんな大掃除を効率的に進めるためのスケジュールとリストの作り方を、家事・掃除アドバイザーの藤原千秋さんが解説します。

大掃除の全体スケジュールを立てる

年末の限られた時間を最大限有効に使い、大掃除を遂行するにあたって、最初の「スケジュール立て」が肝になります。押さえておくべきポイントは大きく4つあります。

① 年内の各種ゴミ収集日、特に最終収集日をチェックする

大掃除には大きなものから小さなものまでゴミがつきものです。ゴミ収集日の前日までに掃除を終える段取りを組むようにしましょう。雑巾やスポンジ等含め掃除道具そのものもゴミになる可能性を考慮し、特に粗大ゴミが発生する可能性と収集の可・不可は必ず把握しておくようにします。

ゴミは収集日に間に合わなかった場合、年明けまで居宅内外に留め置くことになりますが、年末年始の、特に居宅外のゴミは放火やいたずらなどのリスクを高めるので注意が必要です。

② 在宅可能日の洗い出し、天候不順の可能性も考慮して大掃除候補日を決める

自分自身が大掃除を行う(行える)日程をスケジュールから洗い出します。3日、可能なら5日ほど候補日を挙げられるのが理想です。おおむね雪や雨などの荒天日、あまりにも風が強い日に大掃除は行えませんので、長期天気予報も参考にしましょう

また、塩素系漂白剤と酸性洗剤を使わなければいけない浴室掃除などは、塩素ガス発生リスクの低減のため、掃除と掃除の間に数日開かせる必要があるなど掃除面からの要請もあります。そういった場合、最低でも連続しない2日を確保できるようにしないといけません。

③ 必要な掃除道具、洗剤の購入も大掃除の予定に入れる

いざ掃除に取りかかろうとしたものの、ゴミ袋がない、ビニール紐がない、洗剤が足りないなどでは困ります

前もって必要なグッズのリストアップ、予算立て、購入という作業は済ませておきましょう。

④ 掃除に取りかかれる家族、人数を把握しておく

一人ですべて行うつもりであるなら別ですが、基本的に子どもでも中高生以上であれば、作業にあたれる人数が多いほど作業も早く進みます。自分の在宅可能日の洗い出しに合わせて、家族の予定も確認しておきましょう

例えば(粗大ゴミは出ない想定で)可燃物の最終収集日が12月30日であるなら、どんなに遅くても12月29日には終わらせるというエンドを設けることになります。家族が複数揃うのが、仕事納め後の29日のみであれば、そこがメインの掃除日と設定できます。それ以外にも掃除が可能となったらそこも押さえ、各々の日程でできそうなことを後述する場所リストアップ等で考えます

大掃除場所リストを作る

次に、住まいのどこを大掃除場所にあてるかといった場所リストを準備します。リスト作りに必要なポイントは3つになります。

① 気になる箇所・内容を列挙する

わざわざ「大掃除」で取り組まなければいけないと考えるような場所ですから、平素より気になっているところなのでしょう。ただ、いざ手を動かそうとした時に「ここが先でいいんだろうか」という迷いが出ると作業にブレが生じてしまいます。

最初の段階では、とにかく気になっている場所をすべてノートなどに列挙します。「実際にこの大掃除でやれるかやれないか」「大がかりすぎないか」など気にせずどんどん挙げていきましょう

② 優先順位を振っていく

最初に列挙した希望掃除箇所に優先順位を振っていきます。衛生的に不穏なほど汚なかったり、防災・防犯等の観点からいま大掃除を行っておいたほうが良い、来客予定に合わせて見た目を整えなければならない等、家庭事情とも照らし合わせて思案してください。

ただし、掃除箇所には季節的に向き不向きがある点には注意しておきましょう。例えば、キッチン換気扇やレンジフードの油汚れは気温が低いと固まるため、そうした汚れを寒い冬場に落とそうとするのはあまり合理的ではありません。水回りなど掃除に熱や湯を多く必要とする箇所も、燃料をいたずらに使い費用がかさみ不経済なので、一考の余地があります。

寒いといえばテラスやベランダといった屋外の掃除も、年末に健康を害しかねないリスクと天秤にかけて行う必要があります。

③ 優先順位の高い箇所からカテゴリ分け。スケジュールに割り振っていく

例えば「風呂」と「洗面所」は「水回り」という1つのカテゴリに、「カーテン(洗濯)」「照明器具」「ソファ」は「リビング」にまとめ、優先順位の高いものからスケジュールの中に入れ込んでいきます。

ただし1日に掃除できるのは、最大でも2カテゴリくらいまでが現実的です。あまり詰め込まないようにしましょう。

限られた時間で大掃除を終わらせるためのスケジュールづくりをする

「きちんと終わらせる」ことを主眼にスケジューリングするコツは大まかに2つあります。

① 1日=3時間と心得る

1日には24時間あります。そのうち大掃除に割ける時間は仕事と同じように1日8時間くらいでは、と見積もりがちかと思います。

ですが「大掃除を終わらせる」スケジュールづくりをするなら、「1日3時間」が実働時間の限界だと心得てください。つまり、前述した1カテゴリの内容は1時間半で行う計算となり、1日でも入れて2カテゴリまでとなります。集中力の問題もありますので、できる作業は想像以上に少ないと思っていただいていいと思います。

ただ、実際に手を動かすと気づくかと思いますが、「3時間」と予定した内容でもだいたいちゃんと終わらせるには倍かかる覚悟をしておいてください。「1日2カテゴリ以上できるのに」と思ってこれよりたくさん予定されてもいいですが、「終わらせる」ことができるかどうかよく考えてみてください。

② つけおき、洗濯、ほったらかしにも時間がかかる前提で

昨今、「漬けおき」や「洗濯(機)」「ほったらかし」といった掃除術が取り上げられていますが、各々の準備や、それらの効果を得られるためにはそれなりの時間と手間がかかるもの。しかも、洗浄成分をすすいだり乾かしたりといった作業も付随してきます。

こういった掃除作業内容を入れ込む際には、できるだけ「同時進行」で同カテゴリの別場所掃除を行うか、複数人(家族)で作業する内容を組み合わせて時間を有意義に使うようにします。この同時進行は「漬けおきすぎ」などの被害を予防するタイムキーパーの役割も果たします(ほったらかし時間の目安は最大でも「1時間」です)。

家の中を掃除していく理想的な順番とは

限られた時間とスケジュールのやりくりが主要件となりがちな大掃除ですが、セオリーとしては大掃除を行うに適した順番というものがやはりあるので、頭の片隅に置いておいてください。もし反映が可能であれば自身の予定の中に組み込んでいただければと思います。

① ゴミがたくさん発生しそうな箇所は最初のうちに掃除する

ゴミの収集にかけることになる手間や量から逆算します。多くは「物をしまってある場所」、つまりクローゼットや納戸、押入れ、パントリー、玄関収納などゴミになるものを多く輩出する箇所といえます。子ども部屋もゴミが多い傾向があります。

② 人目に触れにくいところも先に掃除しておく

前述の収納関係を含め、寝室、子ども部屋などわざわざ他人が入ってこない空間も早めに手をつけておいていい場所です。

③ 掃除をしてもすぐ汚れてしまう箇所は、初めと終わりに2回掃除する

いくら大掃除として頑張って作業しても、すぐに汚れてしまう場所があります。キッチン、洗面所、浴室などがこれにあたります。

ただやはり、普段の掃除で手がつけられないような「人目に触れにくい」ポイントが各々ありますので、そういったところを先に念入りに。そして掃除してもすぐに使わなければいけないような箇所は軽めに終わりの方で手をつける、といったメリハリを持たせるといいでしょう。

④ 来客などに見られやすい箇所も2回掃除できるとベター

リビング、玄関、トイレなど他人を通す可能性のある箇所も、「人目に触れにくいポイント」と「触れやすいポイント」を両方含んでいます。

例えばリビングであれば、人目に触れやすい「カーテン洗濯と窓ガラス拭き」を先に、人目に触れにくい「ソファの掃除機がけと家電のホコリ取り」を後にするなど、2回に割り振っていくと満足のいく掃除ができます。

⑤ “勢いづける場所”を最初に持ってくるという方法もある

あまり来客の予定がないので人目を気にした順番は関係ないといった場合には、大掃除らしいイベント性の高い道具(スチームクリーナーなど)を活用するに適した場所など、自分や家族の掃除にかける「勢い」がつきやすい箇所を最初に持ってくるという方法もあります。

とにもかくにも、予定を立てるだけで満足してしまっては意味がないのが大掃除です。健闘をお祈りします。

<記事協力者プロフィール>
藤原 千秋

大手住宅メーカー営業職を経て、主に住宅・家事まわりの記事執筆やアドバイザーを幅広く務めている。家・子ども・仕事の三つ巴を愉しむ三児の母で、育児経験を踏まえた実践的な視点に定評あり。「この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典」(朝日新聞出版)「ズボラ主婦・フニワラさんの家事力アップでゆるゆるハッピー!!」 (オレンジページ)など著書・マスコミ出演多数。