DIYを始める時に初心者が揃えるべき道具(工具)9選

DIYを始める時に初心者が揃えるべき道具(工具)9選

DIY

DIYと言っても意外と幅が広く、木工などの物つくり、壁紙の貼替などのリフォーム、リノベーション、手軽にできる100均リメイクなど、さまざまです。

どんなDIYをするかで必要な道具は変わってきますが、まずは基本の道具から。

初心者が「DIYを始めるならこれはあった方がいい!」という基本の道具をご紹介します。


最初に揃える基本道具


コンベックス(メジャー)

家men,DIY,初心者,道具,コンベックス(メジャー)


必ずと言っていいほど使用頻度が高いコンベックス。コンベックスはメジャーの一種で長さを測る道具です。測る部分は金属製のテープ状で直立性がよく、窓の大きさや天井までの高さなど一人で測ることができます


ロック機能がついているので途中でテープを固定させたり、ケースの中に素早く巻き取ることが可能。またテープの先端についている爪を引っ掛けて長さを測ることも可能。とてもコンパクトなので持ち運びにも便利で、大活躍してくれる道具です。


いくつか長さがあるので、3.5m以上の長さを選ぶのをオススメします。


ドライバーセット

家men,DIY,初心者,道具,ドライバーセット


家庭に一つは必ず置いてほしいドライバーセット。


プラスドライバーのサイズ違いNo.1、No.2、No.3とマイナスドライバーが中心で、キリやフック回しなどセットによって異なりますが、あると便利な1ケースに収まっています。

もしこの中でよく使うサイズがあれば、単品で使いやすいものを新たに購入すると作業効率がさらにアップしますよ。


自分が使う頻度の目安にもなると思いますので、最初はセットの購入が良いでしょう


ラジオペンチ

家men,DIY,初心者,道具,ラジオベンチ


ちょっとしたところを曲げたり、釘を打つ時に押さえたりと、こちらもあると便利な道具です。

ペンチやラジオペンチがありますが、どちらか1本を選ぶなら、先端の細いラジオペンチの方が細かい対応ができ、汎用性があると思います。


カッター類

家men,DIY,初心者,道具,カッター


カッターもDIYに欠かせない道具の一つです。大型のカッターがあれば薄い合板やクッションフロアや段ボールを切ることができます。厚みのあるものを切るなら力を入れやすい大型カッター、細かい作業をするなら細身のカッターを選びましょう。


カッターと一緒に替刃や刃折器、カッターマット、カッター用の定規をワンセットで揃えておくといいですよ


他には曲尺や水平器、金槌、ノコギリなどの道具がありますが、DIYの作業内容によって揃えていきましょう。


DIYに必要な電動工具(初級編)


電動ドライバードリル

家men,DIY,初心者,道具,電動ドライバードリル


電動ドライバードリルとは、先端が回転してネジを締めたり緩めたりすることができる工具。先端を替えると穴あけのドリルを取り付けることが可能です。

大変だった穴あけも簡単に行うことができ、作業効率が非常によくなるので、木工作業には欠かせない電動工具です。


家men,DIY,初心者,道具,電動ドライバードリル


小型の電動ドライバーは軽くてコンパクト。

組み立て家具を作る時にはとても便利です。金額も安価で購入しやすいのですが、商品の名称が「電動ドライバー」という場合はドリル機能がないので購入時は注意してください


電動工具を使う場合、軍手は巻き込みの可能性があるので、使用しないようにしてください。安全眼鏡や手にピッタリの作業用手袋を着用しましょう。


DIYにあると便利な電動工具(中級編)


ジグソー

家men,DIY,初心者,道具,ジグソー


ジグソーは電動のノコギリです。刃が上下に動き、材料を切り進めていきます。


通常ののこぎりでも直線は切れますが、曲線はなかなか難しいものです。でもジグソーがあれば自由に曲線を切ることができ、デザインの幅が広がります(キレイに切るにはコツが必要です)。

刃を替えると木材だけではなく薄い鉄板やアルミ板なども切ることも可能です。


材料を押さえて切るので、材料と作業台を固定するクランプという道具もあると、初心者でも安心して作業できます


サンダー

家men,DIY,初心者,道具,サンダー


電動でサンディング(ヤスリをかけて表面を平滑にすること)を行える工具です。ヤスリはマジックテープで取り付けるタイプや紙やすりを挟み込むタイプなどがあります。


もちろん手でヤスリがけもできますが、広い面は工具があると早く仕上がります。塗装前の仕上げや塗り替えに。


DIYにあると便利な電動工具(上級編)


トリマー

家men,DIY,初心者,道具,トリマー


ビットと呼ばれる先端の刃を付け替えることによって、溝の加工や額縁のような飾り切りをおこなうことができます。

工具を持っていないとできないので、最初は仕上げに感動して思わず「おお~っ」と声を上げる方も。


トリマーは使い方によって幅広く使える奥深い工具なので、いろいろな加工を楽しみたい方にはオススメです


丸鋸

家men,DIY,初心者,道具,丸鋸


薄い板から厚い板まで幅広く使える丸鋸。コードの切断に注意しましょう。


家men,DIY,初心者,道具,バッテリー式丸鋸

丸鋸の中でも初心者が使いやすい小型のバッテリー式丸鋸


家men,DIY,初心者,道具,スライド丸鋸

置く場所があれば便利なスライド丸鋸


丸鋸は、丸い刃が回転することによって材料を切る工具です。制作を始めると切る作業が必ず必要になりますが、丸鋸があると直線切りを早くキレイに行うことができ、組み立ても楽になります。

ただし刃が高速回転するので、ジグソーに比べて使い方を誤ると大きな怪我につながることがあります。正しい使い方で慎重に作業を行いましょう。


初級者の場合はいきなり丸鋸などを買うより、最初はホームセンターのカットサービスを利用して材料をカットすると便利。カットは有料ですが、カットした材料を持ち帰って組み立てを行うと作業効率もよく、電動工具を使う音やホコリも気にならないのでオススメです。


DIYの工具はまだまだありますが、代表的なものをピックアップしました。ご自身のやりたいDIYに合わせて必要なものを揃えていきましょう。

また電動工具はホームセンターでレンタルサービスを行っているので、持っていてもあまり使わないという場合はそうしたサービスを利用する方法もあります。

工房を併設しているホームセンターもあるので、お近くのホームセンターの情報も調べてみてください。

「DIY」のおすすめ記事はこちら
番匠 智香子(DIYアドバイザー)
DIYアドバイザー、木工教室「ばんちか工房」主催。愛情を感じるDIY、家族で楽しめるDIY、達成感を得られるDIYをテーマにHOW TOや情報を提供している。著書に『すごく簡単・すぐできる! 木工ガールのはじめてDIY』『原状回復OK! 賃貸でもここまでできるDIY』『木工でかんたん 使える! 収納インテリアづくり』『ホームセンター超活用ガイド コメリではじめる簡単DIY 暮らしバージョンアップ術 』など。