【テレワークにオススメ】仕事に集中できる自分用スペースをDIYで制作しよう!

【テレワークにオススメ】仕事に集中できる自分用スペースをDIYで制作しよう!

DIY

目次[非表示]

  1. パソコン周りが仕事スペースに変わる卓上ボックス
    1. 用意するもの
    2. 作り方
  2. 必要に応じて自分用スペースを自由に作れるパーテーション
    1. 用意するもの
    2. 作り方

番匠 智香子(DIYアドバイザー)

自分の部屋や仕事部屋がない場合、テレワークや自宅仕事はなかなか集中できないことも多いかと思います。ちょっとした資料やメモ書きも仕事の度に移動するにも少し面倒だったりもします。

そこで今回は少しでも自分用のスペースがDIYで作れるアイテムをご紹介します。

パソコン周りが仕事スペースに変わる卓上ボックス

リビングテーブルで仕事をする場合、視界に日常生活の物が目に入ると気が散ってしまったり、置いてあるお菓子をついついつまんでしまったり、ということはないでしょうか?

そんな時は、集中しやすいよう周囲の視界をさえぎり、パソコン周りを仕事スペースに変えられる卓上ボックスをDIYしてみてはいかがでしょうか。
卓上ボックスには、広げると資料をとめられるコルクボードやメモとして使えるホワイトボード、本を入れて置けるスペースを作りました。入れたまま閉じて持ち運ぶこともできます。

用意するもの

●材料
・ホワイトボード加工用板 400×600 1枚
・コルクボード(100円ショップで150円のもの)2枚
・1×2(19mm×38mm)長さ600mm×2本 362mm×2本
・ヒノキ材 2×20×600mm 2本
・丁番2組 ・掛け金具 ・取っ手 ・細ネジ25mm 10本 ・ワックス ・紙やすり#240 木工用接着剤
●道具
・ドライバードリル ・下穴ドリル ・№1、2ドライバービット ・ビニール手袋 ・布

作り方

1. 1×2材やコルクボードの周りにワックスを塗ります。ワックスは固まりが残らないように布でしっかりとのばしてください。塗り終わった後にきれいな布で拭き取ると乾きも早くなります。
2. 1×2材を四角に並べてホワイトボードの裏面を上にして重ねます。そしてドライバードリルで下穴をあけてからネジをとめていきます。
3. ヒノキ材を下の板と重なる位置と15cmくらいの高さに木工用接着剤をつけて貼ります。ワックスを塗った個所は紙やすりで削ってから接着剤をつけてください。
下部は薄い書類が下から出てしまわないようピッタリにします。
4. コルク側が内側になるようコルクボードに丁番を2か所ずつネジで取り付けます。
ヒノキ材の厚み分、すき間が空くので出来るだけ端に取り付けてください。丁番のネジは細いので下穴はキリで印をつけるか、ネジ径に合った細いドリルであけましょう。
5. ホワイトボード側にも丁番をとめます。ヒノキ材にピッタリつけてしまうと扉が浮いてしまうので、厚紙1枚くらいのすき間をあけてください。
6. 取っ手を中央に取り付けます。下穴を軽くあけてからネジをとめます。
7. 掛け金具をとめて完成です。
ボックスの扉(コルクボード)が開いてしまうのが気になる場合は丁番の位置を調整しましょう。マジックテープやマグネットなどでピッタリつくように工夫することもできます。干渉してうまく閉まらない場合はコルクボードが歪んでいることもあるので、紙やすりで削って調整しましょう。

今回は表面がホワイトボード加工(マグネットはつきません)の材料を使いましたが、チョークボードペイント材やコルクボード、市販の合板など自分の使いやすいものでOKです。
メモやパソコンを使う時の資料が貼れるといいなと思ってコルクボードにしましたが、厚みが思ったより薄かったので、思いっきりピンを打つと反対側に先端が出ることがあります。閉じる時に思わぬ怪我をしないよう気を付けてください。コルクボードの裏側は閉じた時には表側になるので、見栄えよく上貼りするのも楽しいと思います(ちなみにこのコルクボードの裏は段ボールでした)。

本体と同様に本が入るような作りでも収納力がUPします。大人だけではなく、子どもの勉強グッズとしても使えると思います。
67 件