木のおもちゃで「作る」と「遊ぶ」を体験!子どもと楽しむDIY

木のおもちゃで「作る」と「遊ぶ」を体験!子どもと楽しむDIY

DIY

目次[非表示]

  1. 日常的にDIYを学ぶ
  2. 子どもに人気のビー玉スライダーを作ろう
    1. 用意するもの
    2. 作り方
  3. 不思議な動きのガタゴトバスを作ろう
    1. 用意するもの
    2. 作り方

番匠 智香子(DIYアドバイザー)

皆さんのお宅にはどんな工具が置いてありますか? プラスマイナスのドライバーやドライバーセット、金槌、のこぎり、昔学校で使った道具セット、ペンチ、組み立て家具を買った時についてきた六角レンチ、精密ドライバー、スパナなど各ご家庭によってさまざまだと思います。

大人であればネジを回すときに必要なのはドライバーだと分かりますが、まだ小さな子どもには見たことのない道具の一つかもしれません。子どもはいろいろなものに興味を持ちます。何かアクションのあるものが大好きだったりします。DIYで使う工具類を面白そうと思う子どもも多いのではないかと思います。工具のおもちゃもあるくらいですから。

そこで今回は、子どもが興味のあるおもちゃを作りながら、道具についても学んで一緒に考えられる時間を持つことができる、「子どもと楽しむDIY」について紹介していきます

もちろん本物の道具はおもちゃと違って怪我をすることも考えられます。何をする道具なのか、どういうふうに使ったら危ないか、手を添えながら教えることも大切でしょう。怪我をしてしまうとせっかくの楽しかった制作が辛い記憶になってしまうこともあるので、注意して行ってください。使ってない道具は子どもの手の届かないところに置いたり、釘が床に落ちないよう皿などの入れ物を使ったり、作業環境にも気を遣ってあげましょう。

日常的にDIYを学ぶ

あえて手作りをしなくても、日常的にDIYを学べるシチュエーションは意外とあります。

例えばおもちゃの電池交換。小さな子どもが使うおもちゃでは電池の蓋がネジでとまっている場合があり、親子で一緒に電池交換をするとドライバーやネジを目にすることができます。また、子どもの自転車の整備にスパナを使うことがあったり、椅子の高さ調整にレンチが必要だったりします。こういった場面は“日常的なDIY”を子どもと体験するいい機会だと思います。

ただし、こうした作業を子どもと一緒に行う場合、自分一人で行うより倍以上の時間が掛かることは覚悟しましょう。途中で兄弟喧嘩が勃発したり、飽きて子どもがいなくなってしまったり…と予想外の出来事があるかもしれませんが、時間と気持ちに余裕を持って楽しくDIYしましょう。

子どもに人気のビー玉スライダーを作ろう

ここからは、実際に子どもと一緒に楽しみながら作れるDIYアイテムを紹介していきます。

ビー玉が転がっていく様子を見るのに夢中になるスライダー。ビー玉の数を増やしたり、途中に仕掛けを作ったり、角度を考えたりと、単純ですがいろいろな要素があります。お子さんと相談しながら楽しんでいただきたいです。

用意するもの

木取り図(木材の図面)。こちらをホームセンター等などで店員さんに見せると、目的の材料を探しやすくなるでしょう。

・集成材 300mm×450mm×9mm
・1×1材 100mm、170mm、250mm各2本
・20mm×3mm桧材 100mm、190mm、250mm各2本
・ビー玉適量 
・木工用接着剤

※レールは好きな長さ、数を揃えて作ってもOKです。

作り方

1.    最初にビー玉が転がるレールを作ります。1×1材と桧材を木工用接着剤で貼り合わせます。木工用接着剤は厚紙などを使って貼る面へ全体的にのばしてください。

木工用接着剤は乾くと透明になりますが、はみ出した接着剤は布などで拭いておきましょう。軽く濡らした布やウエットティッシュを用意しておくと子どもの手もすぐ拭けるので便利です。洋服についてしまった場合はすぐに中性洗剤などで洗ってください。
2.    桧材は1×1よりも少し幅が大きいので、ビー玉が落ちないよう片側が出っ張るように貼り合わせ、10分ほど接着剤を乾かします。貼る時に外れないようギュッと押すようにしましょう。

今回は150mmの1×1材のセットだけ桧材を20mm長く用意しました。木の目隠しからビー玉が落ちるようにレールに変化をつけてみました。もちろん全部同じ長さでも問題ありません。
3.    2で作ったレールを集成材に接着剤で貼ります。接着剤をつけてからギュッと押し付けてください。接着剤が乾くとレールが動きづらくなるので、ビー玉を転がしながら様子を見て、土台の集成材を壁に立てかけて上手く転がるようレールを調節しましょう。

そして位置が決まったらしっかりと貼り付けます。時間が経つとくっついてしまいますので、休憩せず作業を行いましょう。もし調整中に動かなくなってしまったら、金槌などで軽く叩いて外しましょう。つきが悪いところは接着剤を足します。
1日置くとこのようにしっかり接着されます。
4.    調整作業や遊び部分を作ります。ビー玉の通る穴があいているキューブの材料(画像右上)を見つけたので、スタートに貼り付けました。接着面が大きいものを選ぶとしっかりつきます。
他には木製ピンなどを利用してビー玉止めを作ったり、余った材料でトンネルを作っても楽しいと思います。勢いがついてレールから飛んでいってしまう場合も、上の画像のようにピンを止めたり木材を貼ったりすると防せぐことができます。いろいろと工夫してみてください。

マスキングテープを貼ったり、色を塗ったりするのも、子どもには楽しいはず!

スライダーの土台は壁に立てかけますが、金具と紐を使って壁に引っ掛けたり、下に板をつけて自立型にする方法もあります。自立型にした場合は電動ドリルドライバーでビー玉が通る穴をあけて、両面を行き来するようなスライダーを作ることもできます。

スライダーのデザインも楽しみ方も、自分で作るとアイデア次第で広がっていきます。子どもと相談しながら作り上げていくと意外な発想が聞けたり、子どもの成長を感じる発言があったりと思い出深いものになるかもしれません。

不思議な動きのガタゴトバスを作ろう

引っ張って動くとさらに楽しいバス型の小物入れに、今回はさらにひと工夫。ガタゴト面白い動きをするようにひと手間加えて作ってみましょう。

釘で作りやすいよう材料の厚みを変えています。電動ドライバードリルを使う場合は1×6材で材料を揃えてOK。桐材はとても柔らかいので穴をあけるなどの作業がしやすい木材です。

用意するもの

木取り図(木材の図面)。こちらをホームセンター等などで店員さんに見せると、目的の材料を探しやすくなるでしょう。

・1×6材(140×19mm)長さ200mm 2枚
・桐材 150×6×150mm 2枚
・集成材 150×9×200mm 1枚
・直径70mm工作材円形(タイヤ) 4個 
・直径30mm工作円形材(直径10mmの穴あき) 4個・10mm丸棒 長さ170mm 2本
・釘22mm 
・配管支持具サドルバンドΦ12 
・タッピングビス8本 
・キリ 
・金槌 
・ドライバー 
・木工用接着剤
・ヒートン 
・紐 
・飾り付け用木材(10、15mmの丸棒をカットしたもの)
・他にはマスキングテープ、厚紙、ペンチ ハサミ 布 1mm厚のバルサ材やマジックなど

※ホームセンターで扱っている材料が異なるので、木取り図通りの材料が揃わないかもしれません。その場合は近い材料を選んで寸法を調整してください。
※ホームセンターでカットを頼むと大型機械の刃の厚み分2mmから3mmほど必要になるので寸法を考える時は考慮してください。

作り方

1.    1×6材と桐材をロの字型に組み合わせ、集成材を底面に用いた箱を作ります。

まず1×6材に接着剤を塗ります。全面に塗れるように、上の画像のように接着剤を塗った面同士をすり合わせれば、手も汚れずに接着剤が均一に広がります。
2.    集成材の上に1×6材を貼り付けます。ギュッと押し付けるように貼ってください。木工用接着剤がはみ出したら水に濡らした布やウエットティッシュで拭き取りましょう。
3.    そっと立てて同様に桐材を接着剤で貼り付け、10分くらい置いて接着剤を乾かします。接着剤は厚紙などでのばすときれいに塗れます。貼った後に外れないようマスキングテープ貼っておきましょう。
4.    キリで桐材から1×6材がとまるようにキリで釘の下穴をしっかりとあけます。
5.    釘を金槌で打ちます。この時、小さな子どもが自分の手で釘を押さえながら打つと、指を叩いてしまうことが多いので、写真のように大人がペンチなどでサポートしてあげてください
6.    タイヤになる円と10mm穴あき円を接着剤で貼り付け、そのまま接着剤を乾かします。ガタゴトとした動きになるよう、円の中心とずらして貼ってください。
7.    互い違いになるよう、穴あき円に丸棒を接着します。

もし穴がゆるい場合はマスキングテープを巻いて調整しましょう。
8.    丸棒を箱の底板にサドルで固定します。サドルはネジでとめてください(ネジの締め付けは、丸棒が軽く回る程度)。
9.    ヒートンを端にとめて、紐を通してバスの形が出来上がりました。

10.    あとは飾り付けを自由に楽しみましょう。ライト部分の丸棒を切って貼ったり、マジックで描いたり、オリジナルバスを制作してください。

薄いバルサ材は柔らかいのでハサミで切ることができます。木がハサミで切れる面白さを実感しながら窓やナンバープレートを手作りしても楽しいでしょう。もちろん紙や画用紙でもOKです。

今回はタイヤを偏心させてガタゴト動くようにしましたが、タイヤの中心から丸棒の軸が離れると傾きが大きくなります。タイヤの中心から少しずらすだけでも左右に揺れるように作れるので、お好みで調節してください。もちろん、キレイに動くようタイヤの中央に丸棒を固定しても楽しめると思います。
いろいろなことを考えながら作る工作は、大人も勉強になります。DIYを親子で楽しむ一歩としていかがでしょうか?

私も実際に2歳と6歳のこどもと一緒に作りましたが、2歳の子どもに金槌を使わせるのは怖い。自分も子どもも怪我だけはしないように、でも子どもの「やりたい」という意欲を損なってしまわないよう気を遣いました。

その結果、予想通り桐材はボコボコに。桐材は柔らかいのですぐに金槌の打ち損じの跡がついてしまいます。でもお湯に浸したクッキングペーパーをあてておくと、へこんでしまったところが少し膨らみます。失敗しても直したり、修正したり、それを味にしたりと何とかできるのがDIYの面白さの一つです

普段できないことを親子で共有して、何かしらの経験値になればと思います。

文・写真:番匠智香子

番匠 智香子(DIYアドバイザー)
DIYアドバイザー、木工教室「ばんちか工房」主催。愛情を感じるDIY、家族で楽しめるDIY、達成感を得られるDIYをテーマにHOW TOや情報を提供している。著書に『すごく簡単・すぐできる! 木工ガールのはじめてDIY』『原状回復OK! 賃貸でもここまでできるDIY』『木工でかんたん 使える! 収納インテリアづくり』『ホームセンター超活用ガイド コメリではじめる簡単DIY 暮らしバージョンアップ術 』など。

▼あわせて読みたい