【初心者必見】DIYに使う木材の種類について徹底解説!

【初心者必見】DIYに使う木材の種類について徹底解説!

DIY

目次[非表示]

  1. 木材の種類や用途を知っておくべき理由
  2. 木材の種類① SPF材
  3. 木材の種類② 杉材
  4. 木材の種類③ 集成材
  5. 木材の種類④ 合板
  6. 木材を購入できる場所は?
あまり木材を使ったことがない方にとっては、「いざDIYしよう!」と思っても、材料になる木材ってどんな物を使えばいいの?どこで買えばいいの?と疑問は尽きないことでしょう。

そこで今回は、手に入りやすい木材の種類、購入方法をご紹介します。

木材の種類や用途を知っておくべき理由

木材と言ってもいろいろな種類の材料が販売されています。見比べると色や木目が違ったり、表面がザラザラしていたり、色が緑色など長さや幅、厚みなどもさまざまです。

木材は1本の木材を切り出した「無垢材」や接着剤で貼り合わせた「加工材」があります。
無垢材で手に入りやすいのは、SPF材、杉や松、ヒノキ、エゾ松など。加工材だと薄い板を何層にも接着してある合板、ブロック状の板を接着してある集成材やランバーコア、表面の木目がはっきりしている構造用合板やOSBなどがあります。

たくさん種類があってどの材料を使うか迷ってしまうかもしれません。その時はまず屋内で使うか屋外で使うかを基準にして材料を選びましょう。屋内だと使える材料は多いのですが、屋外は雨や紫外線にあたるので屋内より厳しい環境になります。屋外で使う場合は材料選びに気を付けてください。

例えば、作りたいものと大きさがちょうどいい場合でも、集成材やMDFなどは屋外には向いていません。なぜなら、加工に使われている接着剤が水に強いものではないからです。逆にACQ材と呼ばれる緑色の木材は、防腐加工がされているので屋外向きになります。

とはいえ、屋外に向いている木材であっても外で長持ちさせるにはやはり塗装が必要。定期的に塗装などのメンテナンスを行えばそれだけ耐久性が上がります。
ちなみにイペやウリンなど塗装をしなくても屋外で使える材料もあります。堅くて加工が難しく、金額も高くなりますが、その分重厚感のあるウッドデッキが制作できます。

このように、木材の種類や用途を知っておくと、より長持ちするDIY作品を作ることができるのです

木材の種類① SPF材

上から1×4、2×2、1×6、1×8材(木材のサイズ)

2×4(ツーバイフォー)工法の建築材として販売されていて、安価で加工しやすく、初心者にも使いやすい人気の材料。2×4工法とは2×4材という規格寸法の木材を使って建てる木造枠組壁工法の一つです。

2×4は切り出しのサイズが2インチ×4インチですが乾燥、製材を経てに一般的に販売されているのはインチサイズよりも小さくなります。
いろいろな樹種が混じっていますが、針葉樹が主でどれも白っぽく、釘なども打ちやすいので初心者向きとも言える木材です。色が白っぽいので塗装の色付きもよく、塗装初心者にも嬉しいところです。

DIYでは1×4(ワンバイフォー)材と2×4材が主流で、サイズは1×4材が19×89mm、2×4材が38mm×89mmです。

他にも幅違いのサイズがあります。
1×1(19mm×19mm)
1×2(19mm×38mm)
1×3(19mm×63mm)
1×4(19mm×89mm)
1×6(19mm×140mm)
1×8(19mm×184mm)
1×10(19mm×235mm)

2×2(38×38mm)
2×4(38×89mm)
2×6(38×140mm)
2×8(38×184mm)
2×10(38×235mm)

元々の単位はインチですが、乾燥と加工でインチサイズよりも小さい上記のサイズになります。長さは6F(1820mm)のものがホームセンターでは多く取り扱われています。

棚や家具などを作る場合、DIYに人気があるのは1×4材で、ある程度の大きさのものを制作するのにピッタリです。その代わり、小物制作には19mmだと厚過ぎるかもしれません。

木材の種類② 杉材

左が荒材、右がプレーナー加工材

皆さんが必ず知っている樹種の一つに杉材があります。こちらも建築材として多く使われる木材です。杉材も加工がしやすくDIYには人気の材料で、木目がはっきりしているのと、節が多く赤身が強いのが特徴です。

他の木材に比べて表面がザラザラとしてカンナ掛けがされていないものと、表面がカンナ加工(プレーナー加工)されていてきれいな表面の材料が販売されています。

カンナ加工がされていない材料は束で販売されているなど、比較的安価な金額で購入することができます。下地材など見えないところに使われていることが多い材料です。
かなり手間はかかるものの、表面をサンディングやカンナ掛けをするときれいな面に加工することも可能ですが、乾燥がしっかり行われていないものが多いので、後から反ってしまうことがあります。反っても構わない場所や材料費を安く抑えたい方には工夫できる材料です。

一方、表面にカンナがかかったきれいな材料は家具の制作に向いています。多少金額はかかりますが、使いやすくサンディングの手間がかかりませんし、木目の雰囲気も見やすいので好みのものを探しやすくなります。

杉の他に、桧やエゾ松、ツガなどの樹種もホームセンターで扱いの多い木材になります。

木材の種類③ 集成材

よく見ると継ぎ目が分かる集成材

ブロック状の木片を貼り合わせたものを集成材と言います。30cmなど幅広い板があるので、室内テーブルの天板や家具などを板材から作ることができます。幅広の無垢材に比べて反りも出にくく、加工もしやすい材料です。

ホームセンターなどで多く扱われているのはパイン集成材。ラジアタパイン集成材やメルクシパイン集成材などの種類があり、節有り、節無しと自分好みに選ぶことができます。
集成材の片側の角が丸く加工されているものもあるので、あらかじめ加工されている方が制作の手間がかからないカウンターテーブルなどに活用すると時短にもなります。

なお、自分で幅の狭い木材を貼り合わせて幅広い板を作る方法によって、集成材よりも金額を抑えることができますが、作業工程が多くなるなど時間や手間がかけられない場合は集成材を選ぶことをオススメします。
他にもファルカタや桐の集成材がありますが、柔らかい木は強度が弱くなるので、重たいものを載せる棚板や過重のかかるものには向いていません。

木材の種類④ 合板

大きい板を使いたいという時に便利なのが合板。切り口を見てみると薄い板が何層にも貼り合わせてあるのがわかると思います。この薄い板をベニヤ板といい、ベニヤ板を貼ったものを合板と言います。

大きさは3×6(サブロク)板という910mm×1820mmが主流ですが、小さくカットされたものも販売されています。厚みは12mmの他に2.3mmの薄いものから24mmの厚いものなど豊富にあります。表面がラワン材の合板が安価で手に入りやすいですが、見た目にこだわる人たちは、シナ合板の表面が白くてきれいな合板を使っています。

他には、構造用合板と呼ばれる木目がはっきりと見える合板や、型枠用の合板、OSBなどがあります。建築の下地材や型枠は基礎などのコンクリートの枠に使われます。通常は壁の下地材など見えない場所に使われることが多いのですが、クローゼットや靴箱の棚板、店舗ではあえて見えるよう内壁やカウンターに使うなど幅広く使われる材料です。

大きい合板は扱いが大変なので、ホームセンターのカットサービスを利用すると便利です。カットサービスはホームセンターによって金額は異なるものの、およそ50円でカットしてくれます。会員になっているとカット料サービスというホームセンターもあるので、サービス内容をチェックして、あらかじめ必要なサイズを考えてから購入しましょう。

木材を購入できる場所は?

初心者でも木材を気軽に見に行ける場所といえばホームセンター。資材から工作材までさまざまな材料が手に入ります。
DIYを初めて最初のうちは、寸法を間違ったり、材料が足りなくなったりとアクシデントに見舞われることもあります。そんな時でも、木材を買ったお店に再び行けばすぐに解決できるので、近所にホームセンターがあると心強い味方です。自分の目で見て選べるというメリットもありますし、自分の車で持って帰れない場合は車の貸し出しや配送など便利なサービスもありますよ。

また、車を持っていない場合や近くにホームセンターがない場合はインターネットで購入する方法もあります。店舗によってはホームセンターより樹種が豊富で、発送前に指定したサイズに細かくカットや加工してくれるところもあるので、大変便利です。
もちろん送料はかかりますが、家まで届けてくれるため、重いものを運ばずに済むのでありがたいです。ウッドデッキ作りなど木材をたくさん購入する場合は、材料がその場に届くとそれだけで労力が軽減されますからね。特に広葉樹(ナラやタモ)は扱っているホームセンターが少ないので、目当ての樹種がある場合はインターネット購入の方が便利だと思います。

もし近所に材木屋さんがある場合は、そこで小売りをしてくれる場合もあるので、声をかけてみてもいいでしょう。半端な材料を安く譲ってもらえる場合もあるし、希望の樹種やサイズを仕入れてくれるところもあります。ちょっと変わった材料を扱っている場合もあるので、自分の目で見て購入したいという方は材木屋さんに問い合わせしてみてください。テーブルの一枚板やいい材料を購入できるかもしれません。

木材はいろいろな種類があり、「何を作るか」「どこに使うか」によって向いている材料は異なります。
一つひとつ木の表情の違いや温もりを感じながら、DIY制作を楽しんでください。

▼あわせて読みたい
番匠 智香子(DIYアドバイザー)
DIYアドバイザー、木工教室「ばんちか工房」主催。愛情を感じるDIY、家族で楽しめるDIY、達成感を得られるDIYをテーマにHOW TOや情報を提供している。著書に『すごく簡単・すぐできる! 木工ガールのはじめてDIY』『原状回復OK! 賃貸でもここまでできるDIY』『木工でかんたん 使える! 収納インテリアづくり』『ホームセンター超活用ガイド コメリではじめる簡単DIY 暮らしバージョンアップ術 』など。
写真:番匠智香子