『ひとよ』 | 一度壊れた家族は再生できるのか?

『ひとよ』 | 一度壊れた家族は再生できるのか?

趣味・遊び

目次[非表示]

  1. もし家族がバラバラになったら──そんな不安が心をよぎった時に見たい映画
  2. 悲しい事件から15年…止まっていた家族の時間が動き出す
  3. 家族とは何か?親とは何か?

もし家族がバラバラになったら──そんな不安が心をよぎった時に見たい映画

「何があっても家族は絶対の味方」とよく言われ、実際そう信じている方も多いことでしょう。

でもその一方、家族は血を分けているとはいえ“ひとりの別の人間”たちの集まり。何かのきっかけで対立して溝が生じ、家族の縁が残っていても心の距離が開くことがないとは言えません。

もし家族の心がバラバラになってしまったら、どうすればいいのか? 元に戻すことはできるのか?

そんな疑問や不安が頭をよぎった時にぜひ見てほしい作品を今回はご紹介します。佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の豪華キャストが共演し、11月8日(金)から劇場公開される『ひとよ』です。

悲しい事件から15年…止まっていた家族の時間が動き出す

15年前のある夜。タクシー会社を営む一家の母・こはる(田中裕子)は、最愛の子どもたち3人をDVから守るために夫を殺害。「15年経ったら必ず戻ってくるから」という言葉を残し、こはるは警察へ出頭します。
そして現在。三兄妹がそれぞれの人生をバラバラに歩んでいたある日、親族が経営を引き継いだタクシー会社の営業所にこはるが出現。長男・大樹(鈴木亮平)と妹・園子(松岡茉優)は東京で暮らす次男・雄二(佐藤健)を帰郷させ、15年間の空白が生じた家族の時間を取り戻そうと模索します。

吃音のためコミュニケーションが苦手で、妻とも心を通わせ合えない大樹。小説家になる夢を追って地元から逃げるように上京し、大衆雑誌のフリー編集者としてくすぶる雄二。地元のさびれたスナックに勤めてすさんだ毎日を送る園子。
頼れる母の存在を失い不完全に育った三兄妹の胸中には複雑な心情が交錯していて、突然の母の帰郷に対して「母さんは母さんだぞ」「母さんは私たちを暴力から守ってくれたのよ」「代償考えないで子ども置いて出て行って、自分はみそぎも済ませたつもりで帰ってきて、冗談じゃねえよ!」と激しく感情をぶつけ合うのです。
自分たちを“人殺しの子”にしたことへの怒り。子どもだけを置き去りにしたことへの憎しみ。それでも再び帰ってきたら温かく迎えてあげたいという愛情…。
行き場のない思いをずっと抱え続けたきた三兄妹と母は、15年ぶりに再会しても昔のような“親子”に戻れず、そのギクシャクした関係はまさに“疑似家族”。血はつながっているけど、心は通っていない。でも本能では母を愛し、離れられない──
そうした矛盾に戸惑う三兄妹の姿は、「家族はどこまでいっても家族」という、理屈で片付けられない真理を逆説的に訴えかけてきます。

そんな15年分の苦悩を、見ている側も「もし自分の家族が同じ境遇になったら…」と自分ごとのように受け止められるのは、三兄妹の思いや関係性を絶妙な距離感で体現する実力派俳優たちの人間臭い熱演があってこそ。

家族をうまくまとめられず苦悩する大樹役の鈴木亮平。母と兄たちの距離がなかなか縮まらないことに胸を痛める園子役の松岡茉優。そして憎悪にも似た冷たい眼差しを母に向ける雄二役の佐藤健が静かに体現する心の影は、爽やかなイメージが強い彼の出演作品では見たことがないほど本能的かつダーティで、魂を激しく揺さぶられるはずです。

家族とは何か?親とは何か?

そしてもちろんこの作品は、母・こはるの存在を抜きに語れない。家men読者としては、わだかまりを抱える三兄妹よりも、子を思う母に自分を重ね合わせやすいかもしれません。

夫を殺害したのも子どものためだし、再び帰郷したのも子どもの成長を見届けたいから。
それなのに母の愛情は子どもたちに届かない──空回りしてしまう切ない思いが田中裕子の寂しげな表情からひしひしと伝わり、見ている側も胸をかきむしられながら「こんなに報われないなんて…親って何だろう?」と考えずにいられません。

そして、親の目線と子どもの目線の両方で物語をかみしめた時、きっと「もっと家族に優しくしよう」「久しぶりに実家に連絡してみよう」という温かい思いが湧くことでしょう。

家族って何だろう? 親って何だろう?
この映画が投げかける問いかけやメッセージをすべて受け止めた上で、見終わってから夫婦で感想を語り合い、正解のない自分たちだけの答えをぜひ探してみませんか。

『ひとよ』(2019年) /日本/ 上映時間:123分
11月8日(金)全国ロードショー
配給:日活
©2019「ひとよ」製作委員会