映画『燃えよ剣』│“最後のサムライ”新選組・土方歳三に学ぶ男の生きざま

映画『燃えよ剣』│“最後のサムライ”新選組・土方歳三に学ぶ男の生きざま

趣味・遊び

目次[非表示]

  1. 現代にも通じる時代の転換期──激動の明治維新で命を燃やした男たち
  2. 動乱の渦中でも己の夢と信念を貫いたカリスマ・土方歳三
  3. 一流剣士たちの殺陣とスケール満点な合戦に手に汗握る!
  4. 【グッズプレゼント】映画『燃えよ剣』のクリアファイルとステッカーセットをプレゼント!

現代にも通じる時代の転換期──激動の明治維新で命を燃やした男たち

コロナ禍による前代未聞の混乱の渦中にあり、変化のスピードも激しい──。そんなタフな現代社会を生き抜くヒントとなるのが、同じように時代の変革期を体験した先人たちの生きざまです。例えば、2021年の大河ドラマ『青天を衝け』の時代背景となっている江戸時代から明治時代への転換期もその一つ。長年続いた江戸幕府による武士統治&鎖国体制から近代民主主義国家&文明開化へと、既存の体制も価値観も大きく変化していく中、当時の人は何を感じどのように生きたのでしょう?

そんな時代の大きな変化の中で命を燃やした男の生きざまを描いた、司馬遼太郎のベストセラー小説を映画化した『燃えよ剣』が2021年10月15日(金)から全国の劇場で公開されます。現代に生きる私たちの心に響く本作の見どころをご紹介しましょう。

動乱の渦中でも己の夢と信念を貫いたカリスマ・土方歳三

厳しい戒律で新選組を統率した副長・土方歳三(右。岡田准一)と、明るく聡明な天才剣士・沖田総司(左。山田涼介)

『燃えよ剣』が描いているのは、伝説の剣客集団・新選組。幕末の京都では、長州藩を筆頭に「江戸幕府を倒して、天皇を尊ぶ新しい政治を始めよう」とする尊王攘夷&倒幕勢力が暗躍し治安が悪化していました。そこで幕府は、治安維持や尊王攘夷派志士たちの生け捕りを任務とする警備隊を募り、近藤勇や土方歳三をはじめ多くの浪士たちが集結。芹沢鴨を局長として発足した「新選組」は、後に近藤勇が局長、土方歳三が副長という体制に移行。倒幕作戦を未然に潰した池田屋事件など、わずか6年間という活動期間ながら歴史に名を刻む活躍を残しました。

そして物語の中心となるのが、新選組“鬼の副長”として類まれな統率力を発揮した土方歳三(岡田准一)。同郷の近藤勇(鈴木亮平)や沖田総司(山田涼介)と共に侍を夢見て剣の腕を磨き上げた土方は、新選組の同志たちと強い連帯感で結ばれながら、剣1本で激動の時代を生き抜いていきます。そして、江戸幕府から明治政府という新体制へと移行していく変革期において、いろんな立場の人々がそれぞれ身の振り方を模索する中、幕府に仕える土方は処世よりも男としての筋を通し、戊辰戦争という勝ち目のない戦いへ迷いなく身を投じていくのです。その不器用なまでの愚直さは“最後のサムライ”と言ってよいほど気高く、岡田准一のカリスマ性豊かな熱演と相まって、変革期の現代に生きる私たちも「こうありたい」という共感と憧れを抱かずにはいられません。

そんな土方の生きざまを際立たせるのが、熱い絆で結ばれた新選組の同志たちです。実直を絵に描いたようなリーダーの近藤、清々しく穏やかな美男剣士・沖田、ギラギラした粗暴な豪傑・芹沢(伊藤英明)たちの人間味豊かな存在感は、遠い時代の物語を現代へと引き寄せるエネルギーが満点! 他にも、京都守護職として新選組の身を預かる会津藩藩主・松平容保(尾上右近)、容保に京都守護職を命じる15代将軍・徳川慶喜(山田裕貴)、土方と大人の恋を育む絵師・お雪(柴咲コウ)たちが群像模様を彩り、ダイナミックな時代のうねりを体感させてくれます。

一流剣士たちの殺陣とスケール満点な合戦に手に汗握る!

実直な人柄で人望を集めた新選組局長・近藤勇(鈴木亮平)。剣の腕前も超一流

もちろん本作は人間ドラマとしてだけでなく、本格時代劇としても見ごたえ満点。新選組の見せ場となる殺陣のシーンでは、原田監督が「超一流の武芸者が俳優のふりをしているような人」と形容する岡田准一が剣技の構築・指導を担当し、各キャラクターの個性にマッチした迫力あふれる剣劇を実現。一方、戊辰戦争の最終決戦となった五稜郭の戦いなど、歴戦の数々には総勢3000名以上のエキストラを動員。一流の剣士たちが剣をぶつけ合う緊迫感も大規模な合戦のスケールも楽しめる、まさに歴史スペクタクル超大作に仕上がっています。

そして、世界遺産の二条城や国宝の石清水八幡宮など「本当に撮影できたの?」と驚くような歴史的スポットでロケを敢行し、さらに池田屋事件の舞台となった池田屋は宮大工の手によって当時のまま完全再現! その圧倒的なリアリティによって、男たちが剣1本で生きた時代を臨場感たっぷりに体験できることでしょう。

変革期の真っただ中にいる現代人にとっての生きる指針として、そして終わりのないコロナ禍で息が詰まりがちな気持ちをスカッと晴らす娯楽時代劇として、ぜひ本作の醍醐味を体感してみてください。

<作品情報>
『燃えよ剣』
監督・脚本:原田眞人
出演:岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明ほか
配給:東宝 アスミック・エース
2021年10月15日(金)公開
公式HP:http://moeyoken-movie.com
© 2021 「燃えよ剣」製作委員会

【グッズプレゼント】映画『燃えよ剣』のクリアファイルとステッカーセットをプレゼント!

10月15日(金)公開の映画『燃えよ剣』からプレゼントのお知らせです!

・A5判クリアファイル
・映画『燃えよ剣』のステッカー
の2点セットを合計4名様にプレゼントいたします。

プレゼントのご応募はこちらから!▼
https://forms.gle/6Jr4oLYj1CDPZQDi9

①氏名
②メールアドレス
③ご年齢
をご記入ください。
それ以下は自由回答となります。
ご当選の方には、10月中に家men編集部よりご連絡をさせていただきます。

【応募締め切り:10/22(金) 20:00】

■プレゼントの抽選について
厳正なる抽選の上、ご当選者様には家menのメールアドレス(ie-men@tfc.co.jp)よりメールにて当選連絡をいたします。当選発表は、メールの当選連絡をもって代えさせていただきます。
当選された方は、当選連絡のご案内に従ってお手続きください。
※メールを受信拒否設定している場合、当選連絡ができなくなりますためご注意ください。ドメイン指定されている方は、@tfc.co.jpからのメールが受け取れるように設定をお願いいたします。

【当選連絡・発送について】
当選連絡、発送ともに2021年10月下旬~11月上旬予定しております。

■注意事項
・ご記入いただいたアドレスについては、本アンケートのプレゼント送付の目的以外には使用いたしません。
・ご応募は日本国内にお住まいの方のみに限らせていただきます。
・当選者ご本人の連絡先変更等により、ご連絡が取れない場合は、当選を無効とさせていただく場合がございます。
・当選された権利は、当選者ご本人のみに帰属し、第三者への譲渡、転売はできません。また、交換・返金・換金等には応じかねますのでご了承ください。
・本キャンペーンへの参加は「家men」の利用規約および運営会社である株式会社東北新社のプライバシーポリシーをご承諾いただける方を対象とさせていただきます。(https://www.tfc.co.jp/privacy)
なお、いただいた個人情報は、賞品を発送させていただくためのものであり、それ以外の目的に使用することはございません。
・ハガキや封書、お電話でのご応募は受付けておりません。あらかじめご了承下さい。
・メールでの当選連絡に記載する、プレゼント配送先等の情報が締切日までご連絡がない場合は、当選を無効とさせていただきますので、予めご了承ください。
・賞品に関するご質問、抽選や当選に関するご質問の受付は行っておりません。
・当選の権利を他人に譲渡・転売した場合、特典は無効と致します。
・メールを受信拒否設定している場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。
・当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
・ご応募はお一人様一回にてお願いいたします。重複の回答は抽選対象外となりますのでご注意ください。
・賞品のお届け先は、日本国内に限らせていただきます。
・ご当選後の賞品の変更や返品には応じかねます。
・本キャンペーンの内容につきましては運営事務局の都合により予告なく変更する場合があります。
・商品の転売・譲渡はご遠慮下さい。

■お問い合わせ
家men編集部メールアドレス: ie-men@tfc.co.jp

※お問い合わせいただいた内容によっては、ご回答までに数日を要する場合やお答えできかねる場合がございます。ご了承ください。
※抽選および当選に関するお問い合わせに関しましては、回答いたしかねますためご遠慮ください。