最も手軽&気楽なアウトドア「チェアリング」を楽しもう!椅子さえあれば始められる新感覚レジャー

最も手軽&気楽なアウトドア「チェアリング」を楽しもう!椅子さえあれば始められる新感覚レジャー

アウトドア

目次[非表示]

  1. チェアリングとは?その魅力は?
  2. チェアリングを楽しむ際の注意点
  3. チェアリングにオススメのアウトドアチェアと+αの道具
    1. ①棚モック付ラウンジチェア(キャプテンスタッグ)
    2. ②DesertFox ハイバックチェア
    3. ③クラシックチェア(FIELDOOR)
    4. ④アウトドアテーブル「HANGING CHAIN TABLE」(OUTDOOR MAN)
    5. ⑤抗菌カフア コーヒーボトル(シービージャパン)
  4. アクティブ派にオススメしたいサイクルチェアリング
アウトドアレジャーの定番といえば「キャンプ」。緑や水辺などの自然に癒やされながら、家族と思いっきり遊んで食事を楽しんだり語らうのは最高ですよね。でも、郊外のキャンプ場へ出かけるには移動も準備もけっこう時間がかかるし、コロナ禍の昨今はキャンプ場の混雑による密が気になり、なかなか予定を立てづらい…と断念する人も少なくないはず。また、道具一式を持っていない人にとっては、そもそもキャンプ自体のハードルが高いことでしょう。

そこでぜひオススメしたいのが、少ない設備でいつでも気軽に楽しめる「チェアリング」。手軽でシンプルだけど新しいアウトドア体験と、その魅力をご紹介します。

チェアリングとは?その魅力は?

初めて聞く方も少なくないと思いますが、「チェアリング」とはアウトドア用の折りたたみ椅子を持ってお出かけし、気に入った場所で椅子を広げて“非日常”を楽しむという、数年前から提唱されはじめたアウトドアスタイル。思い立ったらすぐに開放的な空間でアウトドア気分を手軽に満喫することができ、また場所を問わないことから“密を避ける”外遊びとしても、今ジワジワと注目を集めているのです。
すでに実践した方たちのSNS投稿写真を見れば、その魅力は一目瞭然! アウトドアチェアの設置スペースさえあれば、いつでもどこでもパーソナルスペースを設けて楽しめる。そんな場所を選ばない自由さがチェアリングの魅力です。そして、一般的なアウトドアチェアは座るとほどよく沈み込むので、いつまでだってボーッとしていられるリラックス感を得られます。地面にゴザを敷くよりも座り心地が快適で、ベンチに座るよりもパーソナルスペースを確保できるのもメリットです。

そんな自由さが魅力的なチェアリングは、過ごし方も自由。コーヒーを飲みながら開放的な自然をボーッと眺めてまったりするも良し。お気に入りの本や音楽をひたすら読んだり聴くも良し。基本的にはアクティブに活動せずのんびり過ごすアウトドアレジャーなので、インドア派でもハマりやすいと言えるでしょう。

さらにそうした環境的なメリットだけでなく、キャンプと違って大がかりな道具を買い揃えたり運搬する必要がないのも魅力的。テントやタープ(タールなどを塗って防水した帆布・防水シート)など本格的なアウトドア道具をあれこれ揃えずとも、アウトドアチェアを人数分買えば、家族で楽しむことも可能です。食事は家でお弁当などを用意してもいいですが、椅子1つあれば楽しめる手軽さがチェアリングの魅力なので、飲食は現地調達にして荷物や準備をとことん最小限にするのも楽しむコツです。

チェアリングを楽しむ際の注意点

基本的には私有地でなければ自分の好きな場所に椅子を置いて構いませんが、公園のように多くの人々が集まる公共の場所で、必要以上にスペースを占有したり酔って大騒ぎするなど周囲に迷惑をかけるような楽しみ方はNG。公園など場所によっては火気厳禁の場所もあるので、利用ルールをあらかじめ確認しておくといいでしょう

また、テーブルや調理道具など装備が増えれば増えるほど他の人たちの利用や通行を妨げる恐れがあるので、なるべく椅子プラスαの軽装備を心がけましょう。
40 件