【おうち時間を楽しくする家電】おいしい「生」食パンを自宅で焼ける!パナソニックのホームベーカリー「SD-MDX102」の実力

【おうち時間を楽しくする家電】おいしい「生」食パンを自宅で焼ける!パナソニックのホームベーカリー「SD-MDX102」の実力

家電

目次[非表示]

  1. パナソニック「ホームベーカリー SD-MDX102」の特徴は?
  2. 皮の薄さに驚き!パンの“中身”を味わうことに特化したパン・ド・ミ
  3. この食感と旨みは初体験!何もつけずに生で味わいたい「おうち乃が美」
新型コロナウイルス感染拡大による外出制限が長期間続き、仕事や身の回りの生活などさまざまな面で不便を強いられている方も多いことでしょう。

そんな在宅生活のもう一つの悩み事といえば「自粛疲れ」。家の中で完結する一定の生活パターンを繰り返すうちに、毎日が変わり映えしないように感じられて正直ツライ。「せめて気晴らしに外食できればな…」と嘆いている皆さんにオススメしたいのが、最新機能を搭載した調理家電で外食並みにスペシャルなメニューを作ることです!

さまざまな調理家電をリサーチした中から編集部スタッフの目に留まったのが、パナソニックのホームベーカリー「SD-MDX102」。なんと、高級食パンブームのけん引役として知られる専門店「乃が美」の監修レシピ──その名も「おうち乃が美」(※)でお店のような生食パン(焼かずに生のままを楽しむことを推奨されている食パンのこと)を味わえるのだとか!

そこで今回、パナソニックさんから同機種を貸していただき、自宅で高級食パン気分を満喫すべく「おうち乃が美」にチャレンジしてみました。

※乃が美の高級「生」食パンのレシピとは異なります(乃が美の高級「生」食パンレシピは公表しておりません)

パナソニック「ホームベーカリー SD-MDX102」の特徴は?

ホームベーカリー「SD-MDX102」には41種類のオートメニューが搭載。普段味わうシンプルな食パンはもちろん、天然酵母を使った無添加パン、カリカリの皮を楽しむフランスパン、皮がパリっと薄めで中身がきめ細かくなめらかなパン・ド・ミなど、こだわりの本格パンもベーカリーにお任せで作ることができます。さらにパンだけでなく、ピザやうどんの生地づくりにも活用できるのです。

こんなにも多彩なメニューが作れるのは、生地をねる速度を巧みに変えることができるインバーターモニターのおかげ。また、室温センサーと庫内温度センサーで季節や運転時の室温の変化を検知し、1年じゅうふっくら美味しいパンが焼けるのだとか。

ちなみにおうち乃が美のレシピは取扱説明書や付属のレシピブックに載っておらず、パナソニックのHPで紹介されています。それによると、次のように銘柄まで指定された素材を用い、オートメニューの「パン・ド・ミ」コースで焼くのだとか。このこだわり、さすが専門店です。

※1:材料の「大1」「小1」は、ホームベーカリーに付属の「大スプーン1杯」「小スプーン1杯」の意味です。「小さじ」「大さじ」は市販の計量スプーンのことです。
※2:室温25℃以上のときは約5℃の冷水を10mL減らして使います。

皮の薄さに驚き!パンの“中身”を味わうことに特化したパン・ド・ミ

ところで、パン・ド・ミというパンの名前を初めて聞いた方も多いのでは? 恥ずかしながら私もそうです。そこで食べ比べの意味も兼ねて、まずはパン・ド・ミを作ってみることにしました。
パン・ド・ミの材料は、強力粉やバターを使う一般的な食パンとほぼ同じ。パン・ド・ミの生地はホームベーカリーで作る食パンと比べて水分量が多く、本来は仕込みの難易度が高いそうですが、SD-MDX102ではパンケースに材料を入れてイースト容器にドライイーストを投入し、あとはオートメニューボタンを押すだけ!

熱効率のよい加熱構造と少量のイーストでじっくり発酵させる専用プログラムによって、誰でも簡単にパン・ド・ミを焼けるのです。
焼きあがったパン・ド・ミがこちら。パンの皮にご注目ください。通常の食パンよりも薄いのが一目瞭然ですね。実際に食べてみたところ、その存在を感じないほど皮がパリっと薄く、モッチリとした中身の部分が存在感抜群! この食感は感動モノの初体験です。

翌日の朝食用に焼いたのですが、あまりにも美味しそうだったので急遽夕食メニューに昇格! シチューとの相性が抜群でした

この食感と旨みは初体験!何もつけずに生で味わいたい「おうち乃が美」

続いていよいよ生食パン「おうち乃が美」にチャレンジ。「パン・ド・ミ」コースで焼くのですが、特徴的なのはその素材。通常のパンでは使わない生クリームを使用し、砂糖とバターも多め。ということは、コクや甘みのある生食パンに仕上がるのでしょうか?
そしてオートメニューにお任せすること約5時間、お待ちかねの「おうち乃が美」が完成! パン・ド・ミほどではありませんが皮が薄くて柔らかく、包丁の刃がスッと食い込みます。
中身も見てみましょう。パン・ド・ミと比べると気泡が少なく、生地の“きめ=密度”がより細かいのが見ただけでも分かりますよね。

生食パンは「焼かずに生のままを楽しむ」のがオススメらしいので、ジャムもバターもつけずにそのまま食べてみると──。なんというモチモチ&しっとりとした食感! そして、ほんのりとした甘みと旨みが噛むごとに口の中で増していく…。これは確かに何もつけず“生のまま”を楽しむべき。生食パンという名前に偽りなし!

何もつけず、ただこれだけ単品で味わいたい!と思わせる「おうち乃が美」

パナソニックのホームベーカリー「SD-MDX102」で焼いた生食パンは、想像をはるかに超える感動体験でした!

ちなみに価格はネットショップで4万円台。外出せずに浮いたレジャー費や外食費を有効活用し、毎日の朝食をプレミアムな時間に変えてみるのもおすすめ。 1日の始まりが至福に包まれ「今日も頑張ろう!」とやる気をチャージできるはずですよ。

■製品URL
https://panasonic.jp/bakery/products/SD-MDX102.html