家事シェアがうまくいくコミュニケーション術とは?時間と心のゆとりを生む“新・三種の神器”家電のススメ

家事シェアがうまくいくコミュニケーション術とは?時間と心のゆとりを生む“新・三種の神器”家電のススメ

家電

目次[非表示]

  1. 円滑なコミュニケーションなくして家事シェアなし!
    1. ■パートナーが毎日どんなことをしているか知る
    2. ■“パートナーがしてくれたこと”をノートに書く
    3. ■男性には「結論」、女性には「共感」を与える話し合いを
  2. 家事シェア家電を家庭に導入する交渉術とは
※2018年9月公開の記事を再編集・再掲載しています。

共働き世帯が増え続ける昨今、夫婦での家事シェアは必要不可欠と言えますが、家事シェアが原因でケンカになってしまうことってありませんか?

その大きな原因として考えられるのは、家事の分担がうまくいっていないこと、さらに家事に追われることによって時間的・精神的なゆとりが失われていること。

パナソニック株式会社が行った30〜40代夫婦のライフスタイル調査(※)によると、「あなたご自身とパートナーが、日々の生活でお互い疲れていてトラブルになったことはありますか?」という質問にYESと答えた割合は63.5%。

また「時間的・精神的な余裕やゆとりがもっと欲しいと思いますか?」という質問には、男女共に90%以上がYESと回答しました。

そんな余裕のない生活にゆとりを生むにはどうすればいいのか?

そのヒントを得るため、パナソニック株式会社が開催した「家事シェアの方法と新商品セミナー」に参加してきましたので、今回はこのセミナーの模様をレポートします。

円滑なコミュニケーションなくして家事シェアなし!

今回のセミナーの講師を務めたのは、夫婦再生カウンセラーとして活躍する下木修一郎さん
これまで2000人以上から受けた夫婦関係の相談を通じて下木さんが実感したのは、「コミュニケーションがうまくできていない夫婦が多い」ということ。

意思疎通が機能していないと日常生活の相談すらできないし、いざ家事分担を求める際も言い方がつい厳しくなりがち。

それでは家事シェアがうまくいかないのも必然といえるでしょう。

また、家事シェアを巡る話し合いはつい感情的になりがちですが、その原因として下木さんが挙げたのは、「こんなに頑張っているのに誰も認めてくれない」という“承認不足”と、「それに比べてパートナーは…」という“不平等感”

こうしたイライラが積み重なると、生活から精神的なゆとりを奪うことにもなるそうです。そこで下木さんは、こうした不満を解決できる、円滑なコミュニケーションのコツを次のように教えてくれました。

■パートナーが毎日どんなことをしているか知る

まずはお互いの日々の行動を把握することからスタート。

パートナーの毎日の行動を改めて挙げるとなると、意外に「あれ、何だっけ?」と相手に聞きたくなりますよね。

下木さんによると、その「聞くこと」こそが、自分の言いたいことを一方的に主張するだけではない、理想的なコミュニケーションの出発点だそうです。

>次ページへ 円滑なコミュニケーションの出発点としてノートに書く”こと”とは?

パナソニック 「ナノイー X」搭載の卓上型食器洗い乾燥機(ホワイト) NP-TZ100-W : ホーム&キッチン

¥46,880

オンライン通販のAmazon公式サイトなら、パナソニック 「ナノイー X」搭載の卓上型食器洗い乾燥機(ホワイト) NP-TZ100-Wを ホーム&キッチンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

22 件