これでアイロンいらず?洗濯物のシワを防ぐ洗い方、干し方、洗剤とは

これでアイロンいらず?洗濯物のシワを防ぐ洗い方、干し方、洗剤とは

洗濯

目次[非表示]

  1. 知ってますか?洋服にシワが付いて取れなくなるメカニズム
  2. アイロン不要になるかもしれない洗濯術
  3. シワになりにくい洗剤とは?
こんにちは。365日洗濯のことで頭がいっぱいの洗濯ハカセの神崎です。

以前、「プロが教えるアイロンがけの極意」という回で正しいアイロンがけについて解説しましたが、それでも「アイロンがけは苦手」「そもそもアイロンがけをしたくない」「アイロンが不要になる方法はないか?」という声を多数いただいている様子。

そこで今回はズバリ! アイロンがいらなくなる?洗濯物のシワを防ぐ洗い方や干し方について紹介します。

知ってますか?洋服にシワが付いて取れなくなるメカニズム

洋服にシワが付くと必要になるのがアイロンがけ。

シワシワの服で他人の前に出るのはマナー違反だし、洋服がピシッっとシワなく着こなせると、なんだか気持ちよく生活できそうな気もしますよね。

アイロンが不要になるがあれば知りたいという人も多いでしょうが、まずはそもそもアイロンをかけなければいけなくなる、シワのメカニズムについて解説します。

アイロンがけが必要なぐらい洋服にシワが付く原因は、大きく分けて次の3つです。
1. 着ている時にシワが付く
2. 洗っている最中に他の物と絡んだり、もみ洗いされてシワが付く
3. 干す時にしっかりシワを伸ばしていない

この中でも、アイロンがけを不要にするために最も大切なポイントは「干す時の衣類の扱い」。

衣類につくシワは湿っている時が最もつきやすく、シワがついたまま乾燥させてしまった場合、シワを伸ばすことが難しくなってしまうからです。

例えば、家を掃除するための雑巾を、ぎゅっと絞って放置したらどうなるでしょうか。絞られた状態のまま固まってしまい、乾いてから元に戻すのはほぼ無理ではありませんか?
濡れた状態の時に生じる衣類のシワも、これと同じメカニズムです。

シワの部分は繊維と繊維が絡みやすい状態になっており、繊維が絡んだまま乾燥させてしまうと乾いた状態から繊維をほぐすことが難しく、その結果シワが簡単には取れなくなります。

つまり、アイロンで蒸気という湿気を与えながら、ほぐしてアイロンがけをしないといけない状況になってしまうのです。

なので、アイロンがけを不要とするのに最も大事なポイントは「洗濯が終わってからが、一番の勝負どころ」と言えます。

ただし、この一番大事な部分だけ注意しておけばいいというものではありません。アイロンがけを不要にする第一歩は、洗う前から始まっていると言っても過言ではないからです。
24 件